Big 3

ミルト・ジャクソン、 ジョー・パス、 レイ・ブラウン。 この3人が生み出す極上快適音楽(・∀・)b タイトル通り「名手3人」が繰り出す音は、 暖かなぬくもりに溢れ、 時に緊密なアンサンブルもビシッとキメてくれるのです。 Big 3 ▼収録曲 1. The Pink Panther 2. Nuages 3. Blue Bossa 4. Com…

続きを読む

Soul Fusion MJQ

MJQ、あるいはジョン・ルイスというピアニストという存在の 箍(たが)が外れたミルトの奔放なプレイが良いですね。 ピアニストが変わると、こうも変わるのかという好例が ミルト・ジャクソンとオスカー・ピーターソンの『リユニオン・ブルース』ですが、 音数が多いピアニストのほうが、 ミルト・ジャクソンは煽られるのかな? モンティ・アレキサンダーもピーターソンと並び、 音…

続きを読む

メルス・ニュー・ジャズ・フェスティバル '80 高柳昌行

高柳昌行とニューディレクション・ユニット、 ドイツでのライブ音源。 昔、奄美大島のtakara氏の薦めで購入。 いやあ、凄いわ、圧巻! たまにしか聴きませんが、 なぜたまにしか聴かないのかというと、 真剣に対峙し、音の世界に没入してしまうと なんだか人生観が変わってしまいそうだから。 純粋に音一発の衝撃!w(゚ロ゚;w メルス・ニ…

続きを読む

静かなるケニー

今日のように雨&寒い3月上旬に、 ひとり部屋に篭り『静かなるケニー』を聴いていたら、 ほんと、切ない気分になってきました。 切なさプラス寂しい気持ち。 うーん、聴くときの気持ちのコンディションには要注意ですね。 もっとも、じんわりと暖かな要素もたくさん封じ込めれられているのですが。 今日はどちらかというと滅入ってしまうほうに心のスイッチがはいっちゃいました…

続きを読む

Kin パット・メセニー

久々にメセニーの(しかもグループの)新譜を聞くからなのだろうか、 この感じ、 なんだかとても懐かしい! と同時に、やっぱり新鮮。 変わってないメセニーらしい部分の安心感と、 重さを湛えた新しい部分がバランスよく共存。 だから、一番最初に聴いたときから引き込まれるんだけれど、 きっと、聴く回数を重ねるにしたがって、 また新たな楽しみが増えてい…

続きを読む

チェット チェット・ベイカー

ピアノ=ビル・エヴァンス(*^0゚)v さりげなくも光る伴奏ゆえ、 繰り返しの鑑賞に堪えうる内容に昇華させています。 もちろんチェット・ベイカーも悪くはないんですが、 エヴァンスの貢献で、作品の深みが増していることは確か。 Chet: Keepnews Collection ▼収録曲 1. Alone Together 2. How High The …

続きを読む

オスカー・ペティフォード

ぶっ太い音で、がっつりスウィング! オスカー・ペティフォードの未発表音源含むドイツ録音集大成。 低音好きなら、耳から涎、必至です(・∀・)b ロスト・テープス,ドイツ 1958-1959 [日本語帯・解説付] [輸入盤] ▼収録曲 1. But Not For Me 2. Sopfisticated Lady 3. A Smooth One 4. O.…

続きを読む

鈴木良雄 BASS TALK "Birthday Special Live" with ケイコ・リー

チンさんこと鈴木良雄のバースデイを彩る美しいメロディーと温かいサウンド♪ 3.21.FRI 鈴木良雄 BASS TALK "Birthday Special Live"with Special Guest KEIKO LEE 1960年代後半から渡辺貞夫(as)、菊池雅章(p)、スタン・ゲッツ(ts)らと共にジャズの最前線で活躍してきたベテラン・ベーシストの鈴木良雄。 …

続きを読む