マーク・ウイットフィールド

7th Avenue Stroll/Mark Whitfield ギタリスト、マーク・ウイットフィールドの 『セブンス・アヴェニュー・ストロール』。 滑らかで洗練されたギターサウンドには、 エレガントでセンスの良いリズム隊がふさわしい。 このアルバムで、 マーク・ウイットフィールドのギターを彩るリズムセクションは、 ピアノがトミー・フラナガン。 …

続きを読む

クリスチャン・イエンセン・オーケストラ

ピンボケながらも妙にそそられるジャケットに惹かれて購入。 正直、あまり期待していなかったんですが、 複雑な楽曲でありながらも、 スッと耳にはいってくるアレンジの妙と アンサンブルの技量に驚き( ̄ー ̄; 滑らかなギル・エヴァンス・オーケストラ? 慣れると、めちゃ気持ちいいです♪ Habitat

続きを読む

ケニー・バロン ホワット・イフ?

ケニー・バロンは、 個人的には、好きな演奏と嫌いな演奏が 両極端に分かれてしまうタイプのピアニストなんですが、 1986年、エンヤレーベルに吹き込んだ 『ホワット・イフ?』は良いピアノだと思います。 たぶん、ウォレス・ルーニーのトランペットが 前面に立っている効果もあるのだと思います。 スタン・ゲッツの『ピープル・タイム』の時もそうでしたが、 管楽器と…

続きを読む

ルイス・ヴァン・ダイク

トリオで奏でるヒット曲と映画のナンバーを ピアノトリオで楽しめる ルイス・ヴァン・ダイクの『ナイトウィングス』。 ベースがニールス・ペデルセンという強力サポート。 親しみやすいメロディで聴きやすいのですが、 それだけではなく、 饒舌なペデルセンに触発されたのか、 はりきるヴァン・ダイクの溌剌としたピアノが聴きものなのです。 ナイ…

続きを読む

リタ・ライス

オランダのシンガーリタ・ライス。 ハスキーさと潤いの両方の成分が含まれた なんともいえない歌声、、、 いいですね~( ̄0 ̄) この『アワ・フェイヴァリット・ソングス』は、 ピアノが、夫のピム・ヤコブス。 彼女の歌声をくるむようなピアノも、 また良いのです。 オランダのシンガーといえば、 日本ではアン・バートンが人気ですが、 リタ・ラ…

続きを読む

ビル・エヴァンス ジャック・ディジョネット

ビル・エヴァンスの 『アット・モントルー・ジャズ・フェスティヴァル』。 ジャック・ディジョネットの「攻め」のドラミングが、 エヴァンス・トリオのカンフル剤となっています。 突っ込み気味のエディ・ゴメスのベースも ここではいい効果を出していると思います。 (音質は好みではないけど) ギャラなどの関係で、ディジョネットの参加は 一瞬で終わってしまい…

続きを読む

ミスター・ウイルソン テディ・ウイルソン

アマゾンのレビューを読んでいたら、 レコードが欲しくなっちゃいました。 ▼こちら ミスター・ウイルソン 素敵なジャケットの 素敵なピアノトリオ作品。 たまにはモダン以前のスタイリスト、 テディ・ウィルソンのピアノに耳を傾けるのも オツなものです。(・∀・)b ミスター・ウイルソン ▼収録曲 1. 煙が目にしみる 2. ロゼッタ 3. …

続きを読む

アール・ハインズ ファーザ

渋いジャケ写ですね。 まるでブルースマン。 一瞬、ライトニン・ホプキンスのような 長老格のブルースマンかと思いましたよ。 とはいえ、アール・ハインズも、 ジャズピアノにおいては長老格。 なにせ「ジャズピアノの父」と呼ばれている方ですからね。 このアルバムの内容は、一言でいえば、簡潔明瞭。 わかりやすく、潔い! 12曲、36分があっ…

続きを読む

ハンプトン・ホーズ ハンプトン・ホース

ハンプトン・ホーズ or ハンプトン・ホース? ホーズとホース。 皆さんはどちらで呼んでいる? 個人的にはホーズと言ってます。 ホースだと、なんか水を撒くホースみたいで┐(´~`)┌ それはそうと、 親しみやすいハンプトン・ホーズのピアノトリオといえば、 これでしょう。 65年の録音です。 初期の頃に比べる…

続きを読む

レッド・ガーランド

名イントロ。 あまり語られることはないけれど、 レッド・ガーランドは名イントロを生み出すピアニストの1人だと思います。 アート・ペッパーの『ミーツ・ザ・リズムセクション』の1曲目、 《帰ってくれればうれしいわ》のイントロを もういちど聴いてごらん。 なんて小粋な橋渡しをアート・ペッパーにしているんだろう。 そう思いません? アート・…

続きを読む