ブルー・マイナー クール・ストラッティン

Cool Struttin'/Sonny Clark 中学生で放送委員の息子は、ことさらジャズが好きというわけでもないのですが、コルトレーンの『ブルー・トレイン』と、ソニー・クラークの『クール・ストラッティン』は好きな模様。 給食中の放送で時々、これら好きなジャズをかけているようです。 思いっきりベースをブーストさ…

続きを読むread more

ワルツ・フォー・デビー スコット・ラファロ

ビル・エヴァンスの『ワルツ・フォー・デビー』。 聴けば聴くほど、 やっぱりスコット・ラファロが凄い。 そのウッドベースのテクニックもさることながら、 一体、どういう発想でベースをプレイをしているのか、 聴けば聴くほど謎が深まるんですね。 無理して分かろうとする必要はないのだけれど、…

続きを読むread more

バラード コルトレーン

久々に先ほど、家の中でじっくりと聴いてみたんですが、 うーん、やはり全曲遠しで聴くと同じよ~に聴こえちゃいますね。 ※《オール・オア・ナッシング・アット・オール》は除く 吹き方もマッコイのピアノ伴奏もワンパターンなんですよね。 ワンパタン⇒ハプニングが少ない だから? ⇒安心し…

続きを読むread more

ストロード・ロード ダグ・ワトキンス

名盤『サキソフォン・コロッサス』は、 聴くときの気分や、シチュエーションによって、 毎回グッとくる場所が違うんですが、 ということは、 それだけ聴きどころがたくさんあるということなのでしょう。 私がもっともよく「くる」箇所は、 《ブルー・セヴン》の出だしのベースと、 《ストロード・ロード》のドラムが抜け…

続きを読むread more

ノラ・ジョーンズ Come Away With Me

Come Away With Me/Norah Jones 《シュート・ザ・ムーン》のように 午後に聴くと爽やかな気分になれるようなナンバーもあるけれど、 基本、ノラ・ジョーンズの『カム・アウェイ・ウィズ・ミー』は、 深夜にゆったりとした気分で聴くと心地よいですね。 CDはワインではないから熟成されるわけではな…

続きを読むread more