ブルー・マイナー クール・ストラッティン

Cool Struttin'/Sonny Clark 中学生で放送委員の息子は、ことさらジャズが好きというわけでもないのですが、コルトレーンの『ブルー・トレイン』と、ソニー・クラークの『クール・ストラッティン』は好きな模様。 給食中の放送で時々、これら好きなジャズをかけているようです。 思いっきりベースをブーストさせて(笑)。 先日、息子は大好きな《ブルー・マイナ…

続きを読む

ワルツ・フォー・デビー スコット・ラファロ

ビル・エヴァンスの『ワルツ・フォー・デビー』。 聴けば聴くほど、 やっぱりスコット・ラファロが凄い。 そのウッドベースのテクニックもさることながら、 一体、どういう発想でベースをプレイをしているのか、 聴けば聴くほど謎が深まるんですね。 無理して分かろうとする必要はないのだけれど、 卓越したセンスとアイデアの持ち主だったということが 文…

続きを読む

バラード コルトレーン

久々に先ほど、家の中でじっくりと聴いてみたんですが、 うーん、やはり全曲遠しで聴くと同じよ~に聴こえちゃいますね。 ※《オール・オア・ナッシング・アット・オール》は除く 吹き方もマッコイのピアノ伴奏もワンパターンなんですよね。 ワンパタン⇒ハプニングが少ない だから? ⇒安心して聴ける よって、 ⇒バーなどで安心して…

続きを読む

ストロード・ロード ダグ・ワトキンス

名盤『サキソフォン・コロッサス』は、 聴くときの気分や、シチュエーションによって、 毎回グッとくる場所が違うんですが、 ということは、 それだけ聴きどころがたくさんあるということなのでしょう。 私がもっともよく「くる」箇所は、 《ブルー・セヴン》の出だしのベースと、 《ストロード・ロード》のドラムが抜けて、 ベースが剥き出しになった瞬間です。 な…

続きを読む

ノラ・ジョーンズ Come Away With Me

Come Away With Me/Norah Jones 《シュート・ザ・ムーン》のように 午後に聴くと爽やかな気分になれるようなナンバーもあるけれど、 基本、ノラ・ジョーンズの『カム・アウェイ・ウィズ・ミー』は、 深夜にゆったりとした気分で聴くと心地よいですね。 CDはワインではないから熟成されるわけではないけれども、 発売当時に聴いたときの新鮮さが、 今聴くと…

続きを読む

セロニアス・ヒムセルフ

《パリの四月》という曲は、 様々なアレンジが可能な優れたスタンダードだと思いますが、 最近の私の個人的なツボとしては、 テンポ速めの演奏よりも、 ボソッとつぶやくようなスローテンポのほうに趣きを感じます。 先日書いたサラ・ヴォーンのバージョンもそうですが、 (こちらです⇒サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン) これぐらいのテンポだと、 …

続きを読む

ドゥー・バップ マイルス・デイヴィス

マイルス・デイヴィスの晩年の傑作 『ドゥー・バップ』評をアップしました。 ▼こちらです ドゥー・バップ バックのトラックがヒップホップであれ4ビートであれ、 やっぱりマイルスはマイルスなんです。 だからこそ、 数あるマイルスのアルバムの中でも、 特に大好きな1枚なのです。 今聴いても、 いや、今聴くからこそ、 色々なことが見えてくるような気がしま…

続きを読む

サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン

《バードランドの子守歌》がこのアルバムの目玉であることは間違いないんだけど、 そればかりに耳を奪われて、 他の曲の良さをスルーしていた自分。 超名歌唱の《バードランドの子守歌》の次のナンバー、 《パリの4月》もなかなかです。 じっとりと、 重くゆったりと情感を込めて歌うサラ。 そんなサラを控えめに彩る クリフォード・ブラウンのトランペットも 「ジャズ…

続きを読む

アルバム インデックス

皆さんは、ジャズのCDやレコードを棚に並べる際に、 ジャズマンの名前はどういう順番に並べていますか? レーベルごとに並べられている方もいらっしゃいますが、 もし、ジャズマンの名前順に並べた場合、 ファミリー・ネームが先? ※Miles Davis それとも、 ファースト・ネームが先? ※Davis Miles 私は、昔バイトし…

続きを読む

ポートレート・イン・ジャズ スコット・ラファロ

ビル・エヴァンスの『ポートレイト・イン・ジャズ』に収録されている 《ブルー・イン・グリーン》。 ピアノトリオで奏でられる《ブルー・イン・グリーン》は、 その美しいメロディやハーモニーゆえ、 ピアノに耳が80%以上傾いてしまいがちですが、 たまにはベース中心に鑑賞してみましょう。 スローテンポにおける ベースワークの教科書になるのではないかと思うほど、 素晴らし…

続きを読む