ブルックマイヤー・アンド・フレンズ

『ブルックマイヤー&フレンズ』は、  贅沢なアルバムです。    何が? パーソネルが。 テナーサックスがスタン・ゲッツ、 ヴァイブがゲイリー・バートン ⇒from スタン・ゲッツ・カルテット ベースがロン・カーター、 ピアノがハービー・ハンコック。 ⇒from マイルス・デイヴィス・クインテット …

続きを読む

ガトー・バルビエリ

ガトー入門に最適なカップリングCDです。 ガトー・バルビエリの代表作『アンダーファイヤー』と、 『ボリヴィア』の2枚が1つに。 ⇒お得! サイドメンの人選も今考えれば凄い人たちで、 若き日の ジョン・アバークロンビー、 ロニー・リストン・スミス、 スタンリー・クラーク、 アイアート・モレイラ達のプレイが聴けるところもミソ。 特に、ジョン・アバー…

続きを読む

ベース・オン・トップ/ポール・チェンバース

Bass On Top/Paul Chambers ベースの歌わせ方。 ポール・チェンバースの『ベース・オン・トップ』収録の 《ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ》の旋律を追いかけるのも一つの手だと思います。 テーマの処理の仕方、 アドリブの組み立て方……。 チェンバースのベースをなぞっていくだけで、 ベーシストに必要な 様々な「…

続きを読む

チャーリー・ヘイデンとジョー・ヘンダーソンのライヴ

テナーサックス奏者、ジョー・ヘンダーソンと ベーシスト、チャーリー・ヘイデンの共演ライヴ。 この模様が記録された音源、 『モントリオール・テープス』。 グーッ!と地下へ地下へと延びてゆくような 重心が低いチャーリー・ヘイデンの 伸びやかな低音に注目! 次いで、ヘイデンのベースの上空を 螺旋形を描きながら低空飛行をする ジョーヘンのテナーにも注…

続きを読む

ゴンサロ・ルバルカバ・トリオ・アット・モントルー

ゴンサロ・ルバルカバ、 最初の1枚は、やっぱりコレでしょう! 早い、正確、わかりやすい! ノリノリ、興奮、エキサイティング! ああ、なんて陳腐な言葉しか出てこないんだ。 ┐(´~`)┌ あとは聴いてくだされ。 ゴンサロの力強く疾走するピアノを支える チャーリー・ヘイデンのベースも、 ポール・モチアンのドラムもサスガです。 …

続きを読む