セロニアス・ヒムセルフ

《パリの四月》という曲は、 様々なアレンジが可能な優れたスタンダードだと思いますが、 最近の私の個人的なツボとしては、 テンポ速めの演奏よりも、 ボソッとつぶやくようなスローテンポのほうに趣きを感じます。 先日書いたサラ・ヴォーンのバージョンもそうですが、 (こちらです⇒サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン) これぐらいのテンポだと、 …

続きを読む