ストロード・ロード ダグ・ワトキンス

名盤『サキソフォン・コロッサス』は、 聴くときの気分や、シチュエーションによって、 毎回グッとくる場所が違うんですが、 ということは、 それだけ聴きどころがたくさんあるということなのでしょう。 私がもっともよく「くる」箇所は、 《ブルー・セヴン》の出だしのベースと、 《ストロード・ロード》のドラムが抜けて、 ベースが剥き出しになった瞬間です。 な…

続きを読む