サウンド・オブ・ジャズ!―JBLとぼくがみた音

一関『ベイシー』のマスター著、 『ジャズ喫茶「ベイシー」の選択―ぼくとジムランの酒とバラの日々』の新装版です(・∀・)b オーディオマニアではない私でも 面白く読める本です。 常連客・タモリによる帯の一言が光る! サウンド・オブ・ジャズ!―JBLとぼくがみた音 (新風舎文庫) これで『ベイシー』に興味を持ったら、 今度は是非、村松友視・著の『…

続きを読む

Complete Science Fiction Sessions オーネット・コールマン

オーネット・コールマンの『サイエンス・フィクション』。 「なんでもあり?」のやりたい放題に感じるんだけれども、 そこには一本、オーネット流の筋が通っている、 というか、 結局は何をやってもオーネットはオーネットの音楽になってしまう、 というか、 ならざるを得ない?┐(´~`)┌ 女性ヴォーカル、 サウンドエフェク…

続きを読む

アイル・キャッチ・ザ・サン ソニー・クリス

ソニー・クリスの朗々としたアルトが好きです。 こちらは、プレスティッジ最後の録音。 秀逸なリズムセクションにも恵まれて、 クリスはなんの迷いもなく、 ストレートなアルトサックスを聴かせてくれます。 ジャケットから受ける印象は地味かもしれませんが、 実際は、アルバムの音を耳にした瞬間、 サーッと視界が広がってゆく心地よさを感じます。 アイル・キャッチ…

続きを読む

ライヴ・フロム・ザ・ショーボート フィル・ウッズ

迷いのないド直球ストレートの 白熱、真摯、熱血アルトサックス。 4ビートとアルトにかける情熱は誰にも負けません! そんなフィル・ウッズの声が アルトサックスを通して伝わってくるような 気魄のライブ盤です! これをウッズのベストに挙げる人、多いですね(・∀・)b ライヴ・フロム・ザ・ショーボート ▼収録曲 disc1 1. ア・スリーピン…

続きを読む

Live Around the World マイルス

1988年から1991年。 この時期のマイルスの音楽は、 長い長い「マイルス史」から俯瞰すれば、 ずいぶん丸くポップになったなと思うわけですが、 しかし、そのような「予備知識」を取り払い、 キャリア最終地点に近いこの時期の音源を聴くと、 やっぱりマイルスのトランペットの表現の深みは 「タダモノではない!」と思うのです。 それとバックのバンドのアンサ…

続きを読む

ハンク・モブレイ ブルー・ボサ

ジョヘンではなく、、、 モブレイが吹く《ブルー・ボサ》を聴きたい人! こちらです(・∀・)b ブルー・ボッサアーティスト: ハンク・モブレー,ケニー・ドリュー,ニールス・ペデルセン,アルバート・ヒース出版社/メーカー: SPACE SHOWER MUSIC発売日: 2014/06/18メディア: CD ハンク・モブレイが、'67年渡欧の際に、 「カフェモ…

続きを読む

スターダスト ライオネル・ハンプトン

かのタモリ氏が、 「死ぬ前に一枚だけ聞くとしたらこのアルバム」 と評していたのを何かで読み、 ますますこのアルバムを聴くようになり、 ますます好きになりました。 時代を超えて、ライオネル・ハンプトンのヴァイヴや、 スラム・スチュワートのハミング・ベースは、 私たちを心地よく刺激しつづけてくれるのです。 スターダスト ▼…

続きを読む

バードランドの子守唄 クリス・コナー

Chris Conor Sings Lullaby Of Birdland クリス・コナーの『シングズ・ララバイ・オブ・バードランド』は、 ジャケットを見ると「絶唱!」というか、 「シャウト姉ちゃん」系(『VOW』を読んでいた人はわかると思います)なのですが、 中身は、シャウト!な感じの歌唱はなく、 むしろ、まったりムーディな歌ばかりです。 ▼収録曲 …

続きを読む