サウンド・オブ・ジャズ!―JBLとぼくがみた音

一関『ベイシー』のマスター著、 『ジャズ喫茶「ベイシー」の選択―ぼくとジムランの酒とバラの日々』の新装版です(・∀・)b オーディオマニアではない私でも 面白く読める本です。 常連客・タモリによる帯の一言が光る! サウンド・オブ・ジャズ!―JBLとぼくがみた音 (新風舎文庫) これで『…

続きを読むread more

Complete Science Fiction Sessions オーネット・コールマン

オーネット・コールマンの『サイエンス・フィクション』。 「なんでもあり?」のやりたい放題に感じるんだけれども、 そこには一本、オーネット流の筋が通っている、 というか、 結局は何をやってもオーネットはオーネットの音楽になってしまう、 というか、 ならざるを得ない?┐(´~`)┌…

続きを読むread more

アイル・キャッチ・ザ・サン ソニー・クリス

ソニー・クリスの朗々としたアルトが好きです。 こちらは、プレスティッジ最後の録音。 秀逸なリズムセクションにも恵まれて、 クリスはなんの迷いもなく、 ストレートなアルトサックスを聴かせてくれます。 ジャケットから受ける印象は地味かもしれませんが、 実際は、アルバムの音を耳にした瞬間、 サーッと視界が広が…

続きを読むread more

ライヴ・フロム・ザ・ショーボート フィル・ウッズ

迷いのないド直球ストレートの 白熱、真摯、熱血アルトサックス。 4ビートとアルトにかける情熱は誰にも負けません! そんなフィル・ウッズの声が アルトサックスを通して伝わってくるような 気魄のライブ盤です! これをウッズのベストに挙げる人、多いですね(・∀・)b ライヴ・フロム・ザ・シ…

続きを読むread more