バルネ バルネ・ウィラン

バルネ・ウィラン好きは……、 というよりも、 一抹のせつなさをジャズに感じたい人は、 両方聴こう。 バルネ モア・フロム・バルネ パリ。 クラブ・サンジェルマンでのライブ。 バルネ・ウィランにとっては、ホーム・グラウンドですが、 異国のジャズ本国からは、 ニューヨークの切なさを体現したかのようなラッパ吹き、 ケニー・ドーハムが参加…

続きを読む

グルーヴィ レッド・ガーランド

今はCDの時代だから、A面B面関係なく、 最初から最後までぶっ通しで聴く人も多いのだろうけど、 レッド・ガーランドの『グルーヴィ』は、 LPの場合、おそらく人気なのはA面のほうでしょう。 CDだったら前半の3曲。 なんといってもゴキゲンなノリの《Cジャム・ブルース》があるし、 ガーランドのピアノの音色が真珠のようにコロコロと転がる 《ウィル・ユー・スティル・ビー・マ…

続きを読む

オーネット・コールマン エリック・ドルフィー

寺島靖国氏と安原顕氏の対談本を久々に読み返してみました。 JAZZジャイアンツ名盤はこれだ! (講談社プラスアルファ新書) お二人のお話によると、 オーネット・コールマンの出現後、 当時のジャズ喫茶では、 オーネットのアルバムはほとんど流れておらず、 エリック・ドルフィーがよくかかっていたのだそうです。 へぇ~。 ▼かからなかった ジ…

続きを読む

マッズ・ヴィンディング

エンリコ・ピエラヌンツィがリーダーのピアノトリオかと思いきや、 ベーシストがリーダーのピアノトリオなんです。 マッズ・ヴィンディング? 誰? そういう方は、デューク・ジョーダンの 『フライト・トゥ・デンマーク』を思い出してください。 Flight to Denmark たぶん、そんなにベースの音は 印象残ってないと思うけど┐(´…

続きを読む

キース・ジャレット チャーリー・ヘイデン

ベーシストがゲイリー・ピーコックの時と、 チャーリー・ヘイデンの時とでは、 キースが奏でるピアノの表情が微妙に変わるのが面白いですね。 録音した時期の差というのもあるのでしょうが (この『ラストダンス』は2007年録音)、 スタンダーズ・トリオの時のゲイリー・ピーコックの場合は、 キースの頭の中のイマジネーションを触発し、 このチャーリー・ヘイデンとのデュオの場合は…

続きを読む

山中千尋 サムシン・ブルー

山中千尋の新譜『サムシン・ブルー』、 2014年7月14日に発売! サムシン・ブルー こちらが、DVD付き(・∀・)b サムシン・ブルー(初回限定盤)(DVD付) こちらがアナログ盤。 サムシン・ブルー [Analog] アナログのほうは8月発売のようですね。 パウエルの《ウン・ポコ・ローコ》を演…

続きを読む

道化師 ミンガス

ミンガスを代表する1枚『道化師』。 冒頭の《ハイチ人戦闘の歌》のミンガスのベースが話題になりがちだけど、 (たしかに太くて攻撃的で迫力) 地味ぃ~に、このアルバムならではのムード形成に尽力している カーティス・ポーターのサックスにも注目!(・∀・)b ミンガスに殴られて前歯が折れたという ジミー・ネッパーのトロンボーンには、 この逸話も手伝って耳がいくんですが、 …

続きを読む

レディ・ジャズ

そそるジャケットです。 手にとってみてみたら、 なんと2枚組で44曲も収録されて、 めちゃくちゃ安い! w(゚o゚)w ビリー・ホリデイやアビー・リンカーンなど、 女性ジャズヴォーカリスト名前は聞いたことあるけど、 実際はどんな歌を歌う人なんだろう? と興味のある初心者の方に特におすすめしたいです。 ノラ・ジョーンズもはいっているし。 逆に…

続きを読む

1人でも2人でも手軽にジャズが楽しめる ピアノ伴奏で吹くアルト・サックス ジャズ・スタンダード編

これぞ王道、模範演奏!と言うべきスタンダード20曲の譜面と演奏CD2枚付属の楽譜集です。 サックス奏者はマイナスワンとしてCDを活用できるし、ピアノ奏者は、歌伴の練習用教材として、伴奏のセンスを磨くことができます。 これはなかなか便利! 1人でも2人でも手軽にジャズが楽しめる ピアノ伴奏で吹くアルト・サックス ジャズ・スタンダード編 (CD2枚付) (サックス&ブラ…

続きを読む

ジャズ・スタンダード・セオリー

ベーシスト、納浩一・著の『ジャズ・スタンダード・セオリー』。 語り口はものやわらかですが、 内容は中級者向けかもしれません。 具体的には、 数回ジャムセッションを経験していて、 ある程度、初対面の人とは 演奏前の短い打ち合わせが出来て(共通言語とを持っていて)、 かつ、 自身のアドリブの守備範囲を広げたい人に もっとも相応しい本だと思います。 …

続きを読む