ジャズ・スタンダード・セオリー

ベーシスト、納浩一・著の『ジャズ・スタンダード・セオリー』。 語り口はものやわらかですが、 内容は中級者向けかもしれません。 具体的には、 数回ジャムセッションを経験していて、 ある程度、初対面の人とは 演奏前の短い打ち合わせが出来て(共通言語とを持っていて)、 かつ、 自身のアドリブの守備範囲を広げたい人に もっとも相応しい本だと思います。 …

続きを読む