キース・ジャレット チャーリー・ヘイデン

ベーシストがゲイリー・ピーコックの時と、 チャーリー・ヘイデンの時とでは、 キースが奏でるピアノの表情が微妙に変わるのが面白いですね。 録音した時期の差というのもあるのでしょうが (この『ラストダンス』は2007年録音)、 スタンダーズ・トリオの時のゲイリー・ピーコックの場合は、 キースの頭の中のイマジネーションを触発し、 このチャーリー・ヘイデンとのデュオの場合は…

続きを読む