ポール・デスモンド 入門

ポール・デスモンドの『フィーリング・ブルー』。 渋くてムードあるジャケットです。 おお、デスモンドはこんなアルバムも出していたのか。 しかし、曲目を見ると、 『テイク・テン』や『デスモンド・ブルー』などで 見覚えのある曲が。 そう、これ、デスモンドのベストなんですね。 RCA時代の。 …

続きを読むread more

ハンプトン・ホーズ トリオvol.1

白米のようなピアノ。 強烈なインパクトはないけれども、 聴いても聴いても飽きないピアノトリオ。 その代表格がハンプトン・ホーズのトリオでしょうね。 中でも白米度が高いアルバムって、 やっぱりコレだと思うんですよね。 なんだかんだいって、CD棚に手を伸ばす頻度高し。 Trio 1 ▼収録…

続きを読むread more

スコット・ハミルトン バラード

スコット・ハミルトンは、 ジャズを聴き始めの頃、 渋谷にあった 『スイング』(ジャズの映像を鑑賞させてくれるジャズ喫茶)に 足繁く通っていた頃から、 よくリクエストするお客さんがいたので、 映像を通してしょっちゅう鑑賞していたんですが、 正直、いまひとつピンとこなかったんですね。 当時の私は、バリバリの暑…

続きを読むread more

リアルブック スティーヴ・スワロウ

スティーヴ・スワロウは、個人的には「謎」の多いベーシストだ。 もちろん、カーラ・ブレイとのデュオ『ゴー・トゥゲザー』などは、 メロディアスでわかりやすいラインやソロを弾いているので、 それほど「謎」は感じられないがのだが、 たとえば、彼が紡ぎだす4ビートのベースライン、 これってかなりユニークだ。 (…

続きを読むread more

プレイズ・ジミ・ヘンドリックス ギル・エヴァンス

ともすればチープかつ大仰な コーマシャル音楽に陥る水際一歩手前で ギリギリ踏み止まったサウンドの快感。(・∀・)b ギル・エヴァンスは、 奔放だったジミヘンのギターを 奔放なオーケストレーションと、 若手ミュージシャンの奔放な演奏で表現したかったのでしょう。 とにかく頭がクルクルしてしまうほど サ…

続きを読むread more