ポール・デスモンド 入門

ポール・デスモンドの『フィーリング・ブルー』。 渋くてムードあるジャケットです。 おお、デスモンドはこんなアルバムも出していたのか。 しかし、曲目を見ると、 『テイク・テン』や『デスモンド・ブルー』などで 見覚えのある曲が。 そう、これ、デスモンドのベストなんですね。 RCA時代の。 でも、選曲は良いと思うので、 デスモンドのアルバム…

続きを読む

ハンプトン・ホーズ トリオvol.1

白米のようなピアノ。 強烈なインパクトはないけれども、 聴いても聴いても飽きないピアノトリオ。 その代表格がハンプトン・ホーズのトリオでしょうね。 中でも白米度が高いアルバムって、 やっぱりコレだと思うんですよね。 なんだかんだいって、CD棚に手を伸ばす頻度高し。 Trio 1 ▼収録曲 1. I Got Rhythm 2. What Is…

続きを読む

スコット・ハミルトン バラード

スコット・ハミルトンは、 ジャズを聴き始めの頃、 渋谷にあった 『スイング』(ジャズの映像を鑑賞させてくれるジャズ喫茶)に 足繁く通っていた頃から、 よくリクエストするお客さんがいたので、 映像を通してしょっちゅう鑑賞していたんですが、 正直、いまひとつピンとこなかったんですね。 当時の私は、バリバリの暑苦しいハードバップ野郎だったので、 そのようなハードバップ…

続きを読む

リアルブック スティーヴ・スワロウ

スティーヴ・スワロウは、個人的には「謎」の多いベーシストだ。 もちろん、カーラ・ブレイとのデュオ『ゴー・トゥゲザー』などは、 メロディアスでわかりやすいラインやソロを弾いているので、 それほど「謎」は感じられないがのだが、 たとえば、彼が紡ぎだす4ビートのベースライン、 これってかなりユニークだ。 (ウッドベースを弾いていた頃から) 私は学生時代から…

続きを読む

プレイズ・ジミ・ヘンドリックス ギル・エヴァンス

ともすればチープかつ大仰な コーマシャル音楽に陥る水際一歩手前で ギリギリ踏み止まったサウンドの快感。(・∀・)b ギル・エヴァンスは、 奔放だったジミヘンのギターを 奔放なオーケストレーションと、 若手ミュージシャンの奔放な演奏で表現したかったのでしょう。 とにかく頭がクルクルしてしまうほど サウンドがカラフルです。 《エンジェル》では、 …

続きを読む

猛暑 アイスクリーム・コニッツ

相変わらず続きます、 猛暑。 昨日の東京は、曇っていたにもかかわらず、 蒸し蒸し暑いし、 昼頃から雨が断続的に シトシト降ったりやんだりしていたにもかかわらず、 やっぱり暑かった。 これだけ連日暑い日が続くと、 彼のヒンヤリとしたアルトサックスのサウンドで、 涼みたくなります。 俺のアルトはクーラーかいっ! リー・コニ…

続きを読む

マイルス・デイヴィスとジミ・ヘンドリックス 風に消えたメアリー

超強力プッシュ本です。(・∀・)b ↓ ↓ ↓ マイルス・デイヴィスとジミ・ヘンドリックス 風に消えたメアリー この本は、ジャズファンのみならず、 音楽ファン必読の書でしょう。 音楽ファンの知的好奇心を満たす要素が満載! まるで頭の中に散在している知識が 一本の線につながっていくような快感があるのです。 マイルスとジ…

続きを読む

Red in Bluesville レッド・ガーランド

共演者が変わったからといって、 レッド・ガーランドのピアノのスタイルが変わることはないのだけれど、 ベースが前へ前へとズンズン進んでゆくような 快活な鼓動を提供するポール・チェンバースが、 どっしりと落ち着いてボトムをキープするタイプの サム・ジョーンズに変わったことで、 ずいぶんと、演奏の雰囲気は変わるものです。 真のガーランド好きは、 こういう盤こそ愛聴してい…

続きを読む

ヒューストン・パーソンのグッドネス

ヒューストン・パーソン。 ソウルフルなテナーです。 個人的に大好きなアルバムは『グッドネス!』。 リズム隊はバネと腰があるので、 聴いてて気持ちがよく、 まったりとした気分でくつろげます。 個人的にはホッとひと息度の高い《ジャミラ》が好きですね。 このナンバーに限っては、 アドリブパートは テナーサックスよりも …

続きを読む

ジャッキー・マクリーン メイキン・ザ・チェンジズ

ライブでジャズの生演奏に接していると、 プロ、アマ問わず、 熱演が眼前で繰り広げられると、 思わず「頑張れ!」と応援したくなります。 CDの場合は結果がわかっている、 というか、 ヘンな演奏や、失敗っぽい演奏は商品化しないだろうという 暗黙の安心感があるので、 応援するという気持ちはあまり沸き起こりません。 もちろん、手に汗握る演奏に…

続きを読む