ア・ブローイング・セッション リー・モーガン

テナーサックス奏者3人によるテナーバトル、 ジョニー・グリフィンの『ア・ブローイング・セッション』。 一応は「テナーバトル」という触れ込みなんですが、 単なるバトルものとしてではなく、 きちんと音楽としても聴ける作品にしよう! そういう意気込みが感じられるところが、 流石ブルーノートですね。 …

続きを読むread more

スタンリー・タレンタイン ザ・マン

ブルージーであると同時に、 歌心も素晴らしいんですよね、 スタンリー・タレンタインは。 彼はデビュー間もない頃、 ローウェル・フルソムのブルースバンドで テナーサックスを吹いていたんだけど、 そのバンドのピアニストが レイ・チャールズだったんですね。 チャールズは、すでにこの頃から作曲をはじめてい…

続きを読むread more

バド・パウエル・イン・パリ

Bud Powell In Paris/Bud Powell 『バド・パウエル・イン・パリ』は、 秋に聴くとなぜか元気をもらえる1枚です。 他の季節じゃダメなの。 なぜか秋。 なぜなんだろね? 《ハウ・ハイ・ザ・ムーン》のデッカい音シンバルがいいのかな。 とにもかくにも、今日…

続きを読むread more

バード オリジナル・サウンドトラック

映画『バード』のオリジナル・サウンドトラック。 映画用にチャーリー・パーカーの音源から、 パーカーのアルトサックスの音だけを抽出して、 現代(当時)のミュージシャンが新たに音をかぶせた。 すると? あら不思議。 パーカーの音が一番斬新でモダンに聴こえるのです。 時代を超えた「音の…

続きを読むread more

ストリクトリー・パウエル

奄美大島在住の「音のソムリエ」高良さんと 先日電話で話したんですけど、 『サウンンズパル』のブログにもアップされているとおり、 最近は『ストリクトリー・パウエル』に ぞっこんなのだとのこと。 (高良さんのブログ記事⇒こちら) 絶頂期のパウエルの気品かおる、 だけども、どこか狂気じみた演奏もいい。…

続きを読むread more