日本の印象 デイヴ・ブルーベック

ザ・デイヴ・ブルーベック・カルテットによる『日本の印象』。 タイトル眺めるだけで、 なんともステレオタイプなニッポンワードが並びますが、 演奏のほうも、 《コト・ソング》あたりは かなり「和」を意識したものになっていますね。 ホレス・シルヴァーの『トーキョー・ブルース』と同様、 日本人にとっては興味深い一枚です。 そういえば、ホレスは「トーキョー」のブ…

続きを読む

ウィムス・オブ・チェンバース ホレス・シルバー

ポール・チェンバースの『ウィムス・オブ・チェンバース』。 このアルバムは、 ベースの楽しさ、というよりは、 ハードバップの楽しさを教えてくれる作品です。(・∀・)b ピアノはホレス・シルバー。 シルバー参加の効果大です。 楽しくリズミック。 彼のコンピング(バッキング)は、 コルトレーン、ドナルド・バードら フロントの管楽器奏者をさり…

続きを読む

ムーヴィング・アウト ソニー・ロリンズ

こういうジャズを演りたい。 なんだかんだいっても、 こんな4ビートができれば、 こんなに心地の良い4ビートを演奏できる技量と仲間がいれば、 たとえ暮らしが多少貧しくても、 とても素敵で楽しい人生なんじゃないかと思う今日この頃。 楽器やってる人は、 プロアマ問わず、 きっと同じこと考えている人も多いはず。 ……だと思うんだけど、どうなのかな…

続きを読む

プッティン・イット・トゥゲザー エルヴィン・ジョーンズ

エルヴィン・ジョーンズがリーダーの 『プッティン・イット・トゥゲザー』。 サックス(あるいはピッコロ)がジョー・ファレルで、 ベースがジミー・ギャリソン。 ドラムとベースが同じでも、 テナー奏者が変われば、 演奏の趣きもガラリと変わる。 しかも、ドラムがエルヴィンで、 ベースがギャリソンと、 かなりアクが強く個性が強いリズム隊でありな…

続きを読む

セロニアス・モンク・アンド・ソニー・ロリンズ

モンクの熱狂的だけど醒めた部分が混在し、 冷ややかだけども内部には情念が渦巻いているようなピアノ。 晩年の『ロンドン・コレクション』にも通ずる 不思議なピアノの肌触り。 そんなモンクにしか出せないピアノのテイストを ピアノトリオで楽しめるのが、 『セロニアス・モンク・アンド・ソニー・ロリンズ』の 《ワーク》 なんです。 …

続きを読む

ケニー・バレル 初リーダー作

ケニー・バレル25歳。、 プレスティッジでの初リーダー作です。 すでに、この頃からスタイルが確立されていたんですね。 とても25歳とは思えぬ渋さ! エルヴィン・ジョーンズが参加していることにも注目。 サイドマンということもあるんだろうけど、大人しい。 でも、リズムにはやっぱりバネがあるなぁ。 トミー・フラナガンがさり気なく演奏を引き締めているのも良い…

続きを読む

クリフォード・ブラウンのドナ・リー

The Begining And The End/Clifford Brown パラパラと明快な音で 一音一音に加速装置がかかったかのごとくの疾走感、 でありながら、一音一音の重みと輪郭が 非常にはっきりしている気持ちよさ。 この推進力と粒立ちは何なんだ?!と 町内を大声で叫びまわりたくなるほどの《ドナ・リー》。 こんなラッパ吹けるのは、 やはりクリフォード・…

続きを読む

結構充実、熱い演奏!コルトレーンのサン・シップ

シャープで鋭くスピード感あふれる コルトレーンのテナーを聴きたければコレ! Sun Ship: the Complete Sessions 特にタイトル曲を聴くと、 なるほど、これを煮詰めて煮詰めて煮詰めていくと、 『インター・ステラースペース』に繋がっていくのかな?と思います。 コルトレーンのプレイのみならず、 ドラムのバッキングパターンも面白いね。 …

続きを読む