ア・ブローイング・セッション リー・モーガン

テナーサックス奏者3人によるテナーバトル、 ジョニー・グリフィンの『ア・ブローイング・セッション』。 一応は「テナーバトル」という触れ込みなんですが、 単なるバトルものとしてではなく、 きちんと音楽としても聴ける作品にしよう! そういう意気込みが感じられるところが、 流石ブルーノートですね。 グリフィン、モブレイ、コルトレーンの3人を 単にバトルさ…

続きを読む