Air Above Mountain セシル・テイラー

いやぁ、新鮮、新鮮。 セシル・テイラーの新譜、 久々に聴いた気がする。 いや、正確には新譜というよりは、 最近出ていたCDなんだけど。 演奏自体は、1976年なんだけどね。 オーストリアのジャズフェスでのソロパフォーマンス。 『サイレント・タン』や『インデント』が好きな私にとって、 …

続きを読むread more

キャノンボールズ・ボサノヴァ

キャノンボール・アダレイの最高傑作! とまでは言いませんが、 彼の繊細な語り口、 ニュアンスに富んだ表現力を味わうには 最適なアルバムだと思います。 どうしても、そのルックスから、 人懐っこくて饒舌なアルティスト ……というイメージがついて回るかもしれないですが、 じつは、とても柔軟かつ繊細で …

続きを読むread more

サウンド・アナトミア―高柳昌行の探究と音響の起源

高柳昌行の音楽を一言で言ってしまえば、 厳しい。 言い方かえれば、 ストイック。 これは彼の音楽に対する真摯な姿勢が そのまま出てくる音に直結しているからなんでしょう。 だから聴かず嫌いの人が多いように思えるし、 聴いたとしても、聴いたけど嫌いな人も少なくないかもしれません。 …

続きを読むread more

ストリクトリー・コンフィデンシャル Jazz Giant

バド・パウエルの『ジャズ・ジャイアント』。 20数年愛聴しています。 愛聴しているということは、 何度も何度も聴いているということであり、 何度も何度も聴いているということは、 聴いている時期や気分によって、 好きな曲、 マイブームのような曲も変わってきます。 最近では《ストリ…

続きを読むread more

ブラック・ファイヤー アンドリュー・ヒル

Black Fire/Andrew Hill カッコいいなぁ、やっぱりアンドリュー・ヒルのピアノは。 重くて、黒くて。 しかも不穏な空気を常にたたえた重さ。 ギザッ!と尖っていて、 それでいて鈍器のように重くのしかかる感じ。 アンドリュー・ヒルのアルバムはどれも好きなんですが、 今日は『…

続きを読むread more