思い出デモンズ・ダンス

ジャッキー・マクリーンのブルーノート最終作、 『デモンズ・ダンス』。 と同時に、このアルバムのレコーディング後、 しばらくシーンから遠ざかってしまいます。 年末に《スイート・ラヴ・オブ・マイン》を聴くと、 その年の出来事が走馬灯のようによみがえるのです。 年の絞めに『デモンズ・ダンス』。 なかなかオツです。(・∀・)b デモンズ・ダンス ▼収…

続きを読む

ケニー・バロン チャーリー・ヘイデン

チャーリー・ヘイデンとケニー・バロンのデュオ 『Night and the City』。 その昔、 青山の「ブルーノート」に ケニー・バロンとチャーリー・ヘイデンのデュオを 聴きに行ったことがあるのですが、 演奏は、 「こっちのほうが、全然いいやん!」と思いました。 やっぱりハコの大きさの問題とか、 その日の気分とか、 いろいろな要素が演奏…

続きを読む

ホセ・ジェイムズ イエスタデイ・アイ・ハド・ザ・ブルース

来年2015年は? ビリー・ホリデイの生誕100周年です。 それを記念して(?)ヴォーカリストのホセ・ジェイムズが ビリーの愛唄曲でトリビュート! 来年2015年2月4日発売です。(・∀・)b イエスタデイ・アイ・ハド・ザ・ブルース ▼収録曲 1. グッド・モーニング・ハートエイク 2. ボディ・アンド・ソウル 3. ファイン・アンド・メロウ 4.…

続きを読む

ジ・アート・オブ・ペッパー/アート・ペッパー

The Art Of Pepper/Art Pepper アート・ペッパーの『ジ・アート・オブ・ペッパー』。 やっぱり、アート・ペッパーは初期がいいですね。 そして、この頃のペッパーがやっぱり最高。 アドリブの冴えに加えて、 冴えているんだけど情緒もある。 この不思議な配合っぷりは、 初期のペッパー以外、誰が出せようや。 《そよ風と…

続きを読む

オスカー・ペティフォードの真髄

もっと多くの人に聴いてもらいたい 『オスカー・ペティフォードの真髄』。 男一匹ベーシスト、オスカー・ペティフォード! この太さ、力強さ。 なんと頼もしい安定感。 まさにジャズベーシストの鑑です!(>▽<)/ モノラル録音がかえって良い。 彼が発するベースの力強さと暖かさの両方が 増幅されているように感じられるのです。 《スターダスト》…

続きを読む

リッチVSローチ~2大ドラマーの対決

リッチとローチ。 語感は似ているけど、 ドラミングはまったく違いますね。 どちらが好み? ……となると、耳にしている頻度の多さからすると、 やはり、「モダンジャズ」のマックス・ローチ! ……ってことになるんでしょうが、 どうして、どうして、 スケール感の大きさや 歌心のようなものは、 バディ・リッチのほうが「格」が上に思えてならない。 …

続きを読む

トゥーツ・シールマンス ビル・エヴァンス

ハーモニカって、 こんなにも切なくて美しい楽器なんだよ。 そんなことを教えてくれるアルバムです。 トゥーツ・シールマンスの入門盤にも最適かもしれませんね。 もちろんビル・エヴァンスのエレクトリックピアノも、 シールマンスのハーモニカに美しく溶け込んでいます。 一人で静かなひとときを過ごしたい時には、 なかなかのオススメ盤です。 アフィニティ ▼収録曲…

続きを読む

Gerry Mulligan Meets Johnny Hodges ジェリー・マリガン ジョニー・ホッジス

『マリガン・ミーツ・ホッジス』。 バリトンサックスのジェリー・マリガンと、 アルトの名手、ジョニー・ホッジス。 まさにジャケットどおりの音とムードです。 陳腐な言い方ですが、 「これぞ大人のジャズ」ってところでしょう。 名手ならではの貫禄か? 落ち着いた余裕のプレイ。 心が落ち着き、和みます。 一流のバーテンダーがいる店で ゆったり…

続きを読む

クリスマス・アルバム フランク・シナトラ

一家に一枚常備すると吉。 フランク・シナトラの『クリスマス・アルバム』。 ほんのりゴージャズ&ハッピーなサウンドと歌唱です。 一年のうち、 限られた季節に数回かけるアルバムがあっても良いんじゃない? 家庭がハッピーで暖かな空気に覆われるのであれば。(・∀・)b クリスマス・アルバム ▼収録曲 1. ジングル・ベル 2. クリスマス・ソング …

続きを読む

But Beautiful ビル・エヴァンス スタン・ゲッツ

スタン・ゲッツもビル・エヴァンスも、 一見ダンディでいながらも、 その実、かなり変人というか、 トンデモない人だったりする。 彼らが演奏も同様。 一聴、良質なジャズでありながらも、 音の奥に潜む「野獣性」は 常人離れしていることはなはだし。 だからこそ、、、 彼らは時代を超えて 第一級のジャズマンとしての存在感を 死後もなお放ち続けている…

続きを読む