思い出デモンズ・ダンス

ジャッキー・マクリーンのブルーノート最終作、 『デモンズ・ダンス』。 と同時に、このアルバムのレコーディング後、 しばらくシーンから遠ざかってしまいます。 年末に《スイート・ラヴ・オブ・マイン》を聴くと、 その年の出来事が走馬灯のようによみがえるのです。 年の絞めに『デモンズ・ダンス』。 なかなかオツです。(・∀・)b デモンズ・ダンス ▼収…

続きを読む

ケニー・バロン チャーリー・ヘイデン

チャーリー・ヘイデンとケニー・バロンのデュオ 『Night and the City』。 その昔、 青山の「ブルーノート」に ケニー・バロンとチャーリー・ヘイデンのデュオを 聴きに行ったことがあるのですが、 演奏は、 「こっちのほうが、全然いいやん!」と思いました。 やっぱりハコの大きさの問題とか、 その日の気分とか、 いろいろな要素が演奏…

続きを読む

ホセ・ジェイムズ イエスタデイ・アイ・ハド・ザ・ブルース

来年2015年は? ビリー・ホリデイの生誕100周年です。 それを記念して(?)ヴォーカリストのホセ・ジェイムズが ビリーの愛唄曲でトリビュート! 来年2015年2月4日発売です。(・∀・)b イエスタデイ・アイ・ハド・ザ・ブルース ▼収録曲 1. グッド・モーニング・ハートエイク 2. ボディ・アンド・ソウル 3. ファイン・アンド・メロウ 4.…

続きを読む

ジ・アート・オブ・ペッパー/アート・ペッパー

The Art Of Pepper/Art Pepper アート・ペッパーの『ジ・アート・オブ・ペッパー』。 やっぱり、アート・ペッパーは初期がいいですね。 そして、この頃のペッパーがやっぱり最高。 アドリブの冴えに加えて、 冴えているんだけど情緒もある。 この不思議な配合っぷりは、 初期のペッパー以外、誰が出せようや。 《そよ風と…

続きを読む

私は26才 ブリジット・フォンテーヌ

先日、アート・アンサンブル・オブ・シカゴのベーシスト、 マラカイ・フェイヴァースのベースを聴いて、 「ウッドベースをやってみようかなぁ」と思ったと書きましたが、 (⇒こちら) マラカイのベースがいいなぁと思ったキッカケが、 ブリジット・フォンテーヌとマラカイのデュオ、 《私は26才》だったのです。 気怠いヴォーカルと太いベース。 この2つの音があれば、 …

続きを読む

オスカー・ペティフォードの真髄

もっと多くの人に聴いてもらいたい 『オスカー・ペティフォードの真髄』。 男一匹ベーシスト、オスカー・ペティフォード! この太さ、力強さ。 なんと頼もしい安定感。 まさにジャズベーシストの鑑です!(>▽<)/ モノラル録音がかえって良い。 彼が発するベースの力強さと暖かさの両方が 増幅されているように感じられるのです。 《スターダスト》…

続きを読む

チャーリー・パーシップ・アンド・ザ・ジャズ・ステイツメン

うん、強い! 頼もしい! チャーリー・パーシップのドラミングをご堪能あれ! フロントは、 フレディー・ハバード(tp)、 マーカス・ベルグレイヴ(tp)、 ローランド・アレキサンダー(ts) ……どすえ。(・∀・)b パーシップの初リーダー作です。 チャーリー・パーシップ・アンド・ザ・ジャズ・ステイツメン ▼収録曲 1. セヴンズ 2.…

続きを読む

リッチVSローチ~2大ドラマーの対決

リッチとローチ。 語感は似ているけど、 ドラミングはまったく違いますね。 どちらが好み? ……となると、耳にしている頻度の多さからすると、 やはり、「モダンジャズ」のマックス・ローチ! ……ってことになるんでしょうが、 どうして、どうして、 スケール感の大きさや 歌心のようなものは、 バディ・リッチのほうが「格」が上に思えてならない。 …

続きを読む

トゥーツ・シールマンス ビル・エヴァンス

ハーモニカって、 こんなにも切なくて美しい楽器なんだよ。 そんなことを教えてくれるアルバムです。 トゥーツ・シールマンスの入門盤にも最適かもしれませんね。 もちろんビル・エヴァンスのエレクトリックピアノも、 シールマンスのハーモニカに美しく溶け込んでいます。 一人で静かなひとときを過ごしたい時には、 なかなかのオススメ盤です。 アフィニティ ▼収録曲…

続きを読む

まぐまぐ大賞受賞しました。

このブログのメールマガジン、 『高野雲の快楽ジャズ通信【Jazz Magazine】』が、 まぐまぐ大賞2014【無料部門】エンターテイメント10位にランクインしました。 ヾ( ̄∇ ̄=ノ ワーイ♪ <<推薦者コメント>> 名盤紹介は世のジャズオヤジを喜ばせてくれるナイスチョイスばかりでさすが高野さんといったところ。 ハードバップ、ビバップ、ディキシー、ビッグバンドなど…

続きを読む