Absence メロディ・ガルドー

最初にジャケット見たときは、 洋楽ポップスの新譜かな?と思ったんですが、 あるいは、ジャズだったらヴィーナスレコードかな? ……とも思ったんですが、 メロディ・ガルドーの3作目でした。 個人的には、やはり、 ジャズっぽいフレヴァーに満ちている デビューアルバムが好きなのですが、 ボサノヴァや、…

続きを読むread more

ニッポン・ソウル キャノンボール・アダレイ

キャノンボール・アダレイ・セクステットが 来日した時のコンサートの模様が収録された『ニッポン・ソウル』。 さて、《ニッポン・ソウル》はどんな曲かというと? 特に、日本の「よな抜き旋律」などを意識したものではなく、 キャノンボールの文脈における、 キャノンボールならではの大らかな曲調、そして演奏です。 …

続きを読むread more

リユニオン・ブルース オスカー・ピーターソン&ミルト・ジャクソン

Reunion Blues/Oscar Peterson & Milt Jackson 溌剌、爽快! ミルトとピーターソンの『リユニオン・ブルース』。 久々に聴きましたが、 やっぱりいいですね。 冒頭の《サティスファクション》が始まって 数秒後には、鬱な気分が一新されることでしょう。 音…

続きを読むread more

コンファメーションの秘密

ずいぶん昔に書いた チャーリー・パーカーの《コンファメーション》についての考察のようなものを加筆修正しました。 ▼こちらです コンファメーションで気づいたパーカーの秘密 やっぱり、この曲は、 ビ・バップ、ハード・バップを演る者にとっては、 教科書のようなものですね。 受験英語でいえば、 文…

続きを読むread more

エヴァンスとともに過ごす休日の提案

エヴァンス好きの休日の過ごし方の提案。 ヴィレッジ・ヴァンガードのライヴの 「コンプリート盤」を通し聴きする! ベースがスコット・ラファロ、 ドラムスがポール・モチアンの時のトリオのライヴね。 この時期のエヴァンスは、 ヴィレッジ・ヴァンガードでライブを行い、 3枚のアルバムとして編集されて出て…

続きを読むread more