Absence メロディ・ガルドー

最初にジャケット見たときは、 洋楽ポップスの新譜かな?と思ったんですが、 あるいは、ジャズだったらヴィーナスレコードかな? ……とも思ったんですが、 メロディ・ガルドーの3作目でした。 個人的には、やはり、 ジャズっぽいフレヴァーに満ちている デビューアルバムが好きなのですが、 ボサノヴァや、サンバ、タンゴなど 南米音楽の要素を取り入れた本作も、 …

続きを読む

ニッポン・ソウル キャノンボール・アダレイ

キャノンボール・アダレイ・セクステットが 来日した時のコンサートの模様が収録された『ニッポン・ソウル』。 さて、《ニッポン・ソウル》はどんな曲かというと? 特に、日本の「よな抜き旋律」などを意識したものではなく、 キャノンボールの文脈における、 キャノンボールならではの大らかな曲調、そして演奏です。 無理して日本っぽくしようとしていないところが かえ…

続きを読む

コンファメーションの秘密

ずいぶん昔に書いた チャーリー・パーカーの《コンファメーション》についての考察のようなものを加筆修正しました。 ▼こちらです コンファメーションで気づいたパーカーの秘密 やっぱり、この曲は、 ビ・バップ、ハード・バップを演る者にとっては、 教科書のようなものですね。 受験英語でいえば、 文型の学習であり、構文の暗記であり、 英文法の基礎習得に値す…

続きを読む

エヴァンスとともに過ごす休日の提案

エヴァンス好きの休日の過ごし方の提案。 ヴィレッジ・ヴァンガードのライヴの 「コンプリート盤」を通し聴きする! ベースがスコット・ラファロ、 ドラムスがポール・モチアンの時のトリオのライヴね。 この時期のエヴァンスは、 ヴィレッジ・ヴァンガードでライブを行い、 3枚のアルバムとして編集されて出ています。 『エクルプロレーションズ』 『ワルツ・フォ…

続きを読む

サン・ラー入門 スペース・イズ・ザ・プレイス

私は、その昔、YMOやクラフトワークを聴いて、 シンセサイザーってすげぇ!と思いました。 未来の楽器だぁ! と。 シンセにも色々な種類があって、 当時は、プロフェット5や、アープ・オデッセイなどの機種がありました。 とても高価で、小学生の私にとっては 家を買うことぐらい実感の沸かない値段でしたが、 なぜか機種名と音色の特徴はなんとなく把握してい…

続きを読む

ソウル・ステーションのウイントン・ケリー

ハードバップ・ファンにはお馴染み、 ハンク・モブレイの『ソウル・ステーション』。 テナーサックスのワンホーンアルバムゆえ、 ハンク・モブレイの良いところをたっぷりと味わえる 素晴らしいアルバムです。 このアルバムの出だしの《リメンバー》が特に好き。 そう感じているジャズファンの方は、 きっと私だけではないと思います。 モブレイのリラックスした円…

続きを読む

エリック・ドルフィーの変遷

特徴あるエリック・ドルフィーの吹奏スタイル。 唯一無二の非常に特徴的なフレージングです。 一度彼の表現スタイルがインプットされてしまえば、 一聴するだけで、誰もがエリック・ドルフィーだと認識できるでしょう。 しかし、彼の特徴あるスタイルも、 活動期間の初期と後期とでは随分と違います。 たとえば、『アウト・ゼア』と、 『アウト・トゥ・ランチ』とでは、 音…

続きを読む

ウォルター・デイヴィスのパウエル的なピアノ

我々の多くが耳に馴染んでいる ウォルター・デイヴィスのピアノの音って、 ジャズ・メッセンジャーズでのピアノや、 ブルーノートの『デイヴィス・カップ』のピアノだったりします。 いずれも、管楽器入りの編成の中でのピアノですね。 では、ピアノトリオになると? 意外なことに、かなりバド・パウエル。 いや、もうそっくりそのまんま、 バド・パウエルのコピーといってもい…

続きを読む

クリフォード・ブラウンが弾くピアノ

トランぺッターではありますが、 クリフォード・ブラウンはピアノもうまい! エリック・ドルフィーの自宅で ブラウニーが弾いたプライベート録音を聴いていると、 ごくごく初期のホレス・シルヴァーに 似ているところも散見されるんですよね。 ということは? やはり、ピアノ面においては ブラウニーもパウエルの影響を受けているんですね。 シルヴァーの初…

続きを読む

インターモジュレーション ビル・エヴァンス ジム・ホール

ボキャブラリーは豊富なんだけど、 ひけらかすような話し方は一切しない2人のインテリ。 ビル・エヴァンスとジム・ホール。 この2人の賢者が温厚な表情で穏やかに、 しかしながら、本質的を突いた会話をすると、 このような音が生まれるんでしょうね。 Intermodulation ▼収録曲 1. I've Got You Under My Skin 2. My Ma…

続きを読む