ザ・ランプローラー リー・モーガン ビリー・ヒギンズ

演奏の最初に、スネアドラムの一打、 ダンッ! これで思い出すのが、 エリック・ドルフィーの『ラスト・デイト』の 《エピストロフィー》ですね。 ドルフィーのバスクラ、 続いて、ミシャ・メンゲルベルクのリフが重なり、 そして、 ハン・ベニンクの強烈な一打が空間にクサビを打ちます。 この「…

続きを読むread more

ジャズ批評 マイ・ベスト・ジャズ・アルバム 2014

『ジャズ批評 2015年 03 月号』が発売されましたね。 今回の特集は恒例の「マイ・ベスト・ジャズ・アルバム 2014」。 オーディション・ディスク大賞、インスト、ボーカル部門発表ほか、 ジャズCD店での売り上げベストや、 一般のジャズファンからの投稿など(私も寄稿しております)、 昨年201…

続きを読むread more

リー・モーガン vol.3

リー・モーガンの『vol.3』といえば、 《アイ・リメンバー・クリフォード》で語られることの多いアルバムです。 たしかに、この有名、かつ名曲を代表する演奏であることは確か。 だから、この『vol.3』の代表ナンバーなのも納得です。 しかし、このアルバムは、 《アイ・リメンバー・クリフォード》のアルバ…

続きを読むread more

ジス・イズ・タル・ファーロウ

タル・ファーロウの『ジス・イズ・タル・ファーロウ』評をアップしました。 ▼こちらです ジス・イズ・タル・ファーロウ/タル・ファーロウ なかなか充実したアンサンブルです。 タル・ファーロウの代表作というと、 『タル』が有名ですが、 この『タル』にドラム(ブラシ)が入ったバージョンだと 思って聴くの…

続きを読むread more

ソニー・ボーイ ソニー・ロリンズ

かなり前に、こちらにも書きましたが、 ジャズだからこそ許される、 「いい意味でのいい加減さ」と、 プレスティッジというレーベルが持つ特有の 「いい意味でのいい加減さ」が 面白い具合に良い方向に作用し、 なおかつ、ロリンズの演奏力で、 「なんとか聴ける作品」として成立してしまっている 興味深いアルバ…

続きを読むread more