坂本龍馬の拳銃 スガダイロー

打撃力の強い鍵盤にガツン!とやられてみましょう。 スガダイローの『坂本龍馬の拳銃』は、 かなりハードに迫ってくるピアノトリオでありながらも、 シリアスではなく、むしろコミカルな感覚? ダークでありながらも、爽快さすら感じられる 日本人の身体感覚の底流に脈々と流れているであろう 独特かつ本質的に「スウィングしない」リズム感と共鳴し、 新鮮な驚きと懐かしさを提供して…

続きを読む

パリ・ブルース スティーヴ・レイシー ギル・エヴァンス

スティーヴ・レイシーのソプラノサックスと、 ギル・エヴァンスのエレピ(曲によってはピアノ)。 この両者が作り出す、静かなる緊張感。 「間」を大切にする二人。 だからこそ? この二人が形作る「間」が、濃密な空気感として、 なにか重たい意味を持って 聞き手に投げかけてくるのです。 やっぱり、ミンガス作曲の 《リインカーネーション・オブ・ア・ラ…

続きを読む