桜 妹尾美里

東京では、 桜、綺麗に咲いてます。 昼間に、近所の公園をぶらぶら歩きながら、 のんびり桜見物をしている今日このごろです。 桜といえば、おもいだす曲が、 妹尾美里さんの《ファンタジー・イン・サクラ》。 「和」のテイストを感じさせつつも、 どこか攻撃的なウッドベースのリフ。 まるで邦画のワンシーンを観ているような、 ノスタルジックな旋律。 ラス…

続きを読む

ウディ・ショウ ソング・オブ・ソングス

ジョージ・ケイブルスの幻惑エレピが ムズムズ気持ちよく脳みそと下半身をくすぐる 《ラヴ:フォー・ザ・ワン・ユー・キャント・ハヴ》が良し! ウディ・ショウ、2枚目のリーダー作、 『ソング・オブ・ソングス』。 真面目に熱い! 直球ストレートなど根性ジャズ、 そして、ブラックな濃さがムンムンな 熱血ジャズをご堪能あれ! Song of Songs

続きを読む

松本茜 ピアノ タッチ

以前、こちらの記事にも書きましたが、 ▼ ジャコ・パストリアス奏法 「ドナ・リー」1曲マスター やっぱり、音価や、微妙なアーティキュレーションの違いだけで、 同じ内容に弾かれた旋律も、 野暮ったくもなるし、 カッコ良くもなるものです。 あと、演奏者が持つ「リズム感」の違いでも、 ずいぶんと、楽曲に吹き込まれる生命力は変わってきますね。 ミュージシャン…

続きを読む

アート・ペッパー ラス・フリーマン

初期のアート・ペッパーの アッサリとしたテイストに、 パリッとメリハリのある 陽性なピアノを弾くラス・フリーマン。 まるで、塩味のポテトチップスのようなテイストだから、 おいしいサウンドなのです。 この「塩味ポテチコンビ」の最高傑作が、 個人的には、 『ザ・リターン・オブ・アート・ペッパー』だと思っております。 The Return Of Art P…

続きを読む

サッチモ・アット・シンフォニー・ホール

ルイ・アームストロングって、 毎日聴いてはいないんですが、 それでも、たまに聴くと、 ほんと、ガツーン!とトランペットの音にやられてしまいます。 本当に彼のトランペットの音色は豊潤。 人生とか喜怒哀楽とか、 たったの一音の音色にすべて含まれているんじゃないかと 思ってしまうぐらい。 感動、かつ楽し。 本日は、『サッチモ・アット・シンフ…

続きを読む

サッチ・プレイズ・ファッツ

ジャズ史上、希代のエンターテイナーであり実力者の2人、 ファッツ・ウォーラーとルイ・アームストロング。 ファッツ・ウォーラーは、 ピアノも歌も卓越したものを持っていましたが、 それに加えて、 たくさんの名曲も作っています。 (お金ほしさに自作曲を人に売ったりもしていたようですが……) その名曲を、サッチモが演じるのだから、 これはもう、 素材良し、 表現良し、…

続きを読む

spy vs. spy ジョン・ゾーン

痙攣するほどのアルトサックスの音色とスピード、 これほどノイジーでありながら、 これほど「オーネット・コールマン」を感じさせるアンサンブルも珍しい。 ジョン・ゾーンの『スパイ vs. スパイ』。 オーネットを知り尽くしているからこそ ここまでオーネットをぶっ壊して オーネットを再構築することが出来たんだろうね。 とにかく、聴いた後は、 まるでスポーツで汗を流したよ…

続きを読む

グリーン・ドルフィン・ストリート ピアノトリオ

《グリーン・ドルフィン・ストリート》は、美しいメロディと魅惑的なコード進行ゆえ、ビル・エヴァンスや、マイルスが奏でたシルキーなテイストの演奏が美しく、いつまでも心に残ります。 あるいは、ヌルッと微・エキセントリックな ドルフィーのバスクラ演奏もイイですね。 ではピアノトリオは? エヴァンスの絹のような演奏とは対極な、 ザクッ!とした肌触りのものが 私の場合、け…

続きを読む

マイルス・デイヴィス・トリビュート ハービー・ハンコック

『マイルス・デイヴィス・トリビュート』の《エレジー》。 イントロのロン・カーターのベースには 少々腰砕けだけれども、 すぐに覆い被さるハンコックのピアノがカッコいい。 ゆったりとしたテンポと、ホーンアンサンブル。 その隙をぬって、過剰なくらいの音数で 「間の手(あいのて)」を入れる ハンコックのピアノが、やっぱり光っています。 発売当時は、 「ウォレ…

続きを読む

セシル・マクビーの指 山下洋輔の《マイ・フェイヴァリット・シングズ》

ジャズのベースを習い始めると、 というか、習わなくても、 ジャズの4ビートのベースを弾いていると、 エレベ、ウッベどちらのベースでも、 クラシックのコントラバスを弾くような指使いになってきます。 親指をネックの裏側にあてて、 残りの4本指を弦の上に置くような 「あのカタチ」です。 このフォームが、弾いていてラクな上に、 正確な場所に指を着地させや…

続きを読む