桜 妹尾美里

東京では、 桜、綺麗に咲いてます。 昼間に、近所の公園をぶらぶら歩きながら、 のんびり桜見物をしている今日このごろです。 桜といえば、おもいだす曲が、 妹尾美里さんの《ファンタジー・イン・サクラ》。 「和」のテイストを感じさせつつも、 どこか攻撃的なウッドベースのリフ。 まるで邦画のワンシーン…

続きを読むread more

ウディ・ショウ ソング・オブ・ソングス

ジョージ・ケイブルスの幻惑エレピが ムズムズ気持ちよく脳みそと下半身をくすぐる 《ラヴ:フォー・ザ・ワン・ユー・キャント・ハヴ》が良し! ウディ・ショウ、2枚目のリーダー作、 『ソング・オブ・ソングス』。 真面目に熱い! 直球ストレートなど根性ジャズ、 そして、ブラックな濃さがムンムンな 熱血ジャズをご堪…

続きを読むread more

松本茜 ピアノ タッチ

以前、こちらの記事にも書きましたが、 ▼ ジャコ・パストリアス奏法 「ドナ・リー」1曲マスター やっぱり、音価や、微妙なアーティキュレーションの違いだけで、 同じ内容に弾かれた旋律も、 野暮ったくもなるし、 カッコ良くもなるものです。 あと、演奏者が持つ「リズム感」の違いでも、 ずいぶんと、楽曲に吹き…

続きを読むread more

アート・ペッパー ラス・フリーマン

初期のアート・ペッパーの アッサリとしたテイストに、 パリッとメリハリのある 陽性なピアノを弾くラス・フリーマン。 まるで、塩味のポテトチップスのようなテイストだから、 おいしいサウンドなのです。 この「塩味ポテチコンビ」の最高傑作が、 個人的には、 『ザ・リターン・オブ・アート・ペッパー』だと思って…

続きを読むread more

サッチモ・アット・シンフォニー・ホール

ルイ・アームストロングって、 毎日聴いてはいないんですが、 それでも、たまに聴くと、 ほんと、ガツーン!とトランペットの音にやられてしまいます。 本当に彼のトランペットの音色は豊潤。 人生とか喜怒哀楽とか、 たったの一音の音色にすべて含まれているんじゃないかと 思ってしまうぐらい。 感動、…

続きを読むread more