セシル・マクビーの指 山下洋輔の《マイ・フェイヴァリット・シングズ》

ジャズのベースを習い始めると、 というか、習わなくても、 ジャズの4ビートのベースを弾いていると、 エレベ、ウッベどちらのベースでも、 クラシックのコントラバスを弾くような指使いになってきます。 親指をネックの裏側にあてて、 残りの4本指を弦の上に置くような 「あのカタチ」です。 このフォームが、弾いていてラクな上に、 正確な場所に指を着地させや…

続きを読む