マイルス・デイヴィス・トリビュート ハービー・ハンコック

『マイルス・デイヴィス・トリビュート』の《エレジー》。 イントロのロン・カーターのベースには 少々腰砕けだけれども、 すぐに覆い被さるハンコックのピアノがカッコいい。 ゆったりとしたテンポと、ホーンアンサンブル。 その隙をぬって、過剰なくらいの音数で 「間の手(あいのて)」を入れる ハンコックのピアノが、やっぱり光っています。 発売当時は、 「ウォレ…

続きを読む