spy vs. spy ジョン・ゾーン

痙攣するほどのアルトサックスの音色とスピード、 これほどノイジーでありながら、 これほど「オーネット・コールマン」を感じさせるアンサンブルも珍しい。 ジョン・ゾーンの『スパイ vs. スパイ』。 オーネットを知り尽くしているからこそ ここまでオーネットをぶっ壊して オーネットを再構築することが出来たんだろうね。 とにかく、聴いた後は、 まるでスポーツで汗を流したよ…

続きを読む