ハービー・ニコルス・トリオ

Herbie Nicholoes Trio ハービー・ニコルスの和声感覚など、 「参照」し、部分的に「研究」し、 一部、己のプレイの「参考」にしているピアニストは 少なくないと思います。 しかし、彼の奏法やセンス(主に和声感覚や作曲のセンス)を 全面的に吸収し、 演奏する際のスタイルにしているピアニストは ほとんどいないといっても良いのではないでしょうか。 …

続きを読む

ザ・ケープ・ヴァーディーン・ブルース ホレス・シルヴァー

作曲者、そしてアレンジャーでもある ホレス・シルヴァーが世に送り出したナンバーの特徴は、 けっこう複雑なメロディが多く、 アレンジも凝ったものが多い。 ⇒なのに、すいすいキャッチー そういう曲が意外に多いのです。 代表曲の《ソング・フォー・マイ・ファーザー》や、 《シスター・セイディ》などは、むしろ例外かも。 ピアノ・トリオのアルバ…

続きを読む

辛島文雄 ア・タイム・フォー・ラヴ

辛島文雄が昨年発表したアルバム『ア・タイム・フォー・ラヴ』。 ピアノだけではなく、数十年ぶりにエレピ(キーボード)も弾いているゴキゲンサウンドです。 この前向きで常に明るいオーラが漂う演奏は、 沖縄でのレコーディング、ということも関係しているのかな? ボビー・ハッチャーソンや、 フレディ・ハバードのナンバーを取り上げているあたりが、 ジャズファンのジャズ心をくすぐって…

続きを読む

レッズ・グッド・グルーヴ レッド・ガーランド

数日前に、久々に禁酒したら、 翌日から、 鼻水がグシュグシュ出るし、 奥歯が痛み出すし、 喉が痛いし、 耳の奥がチクチクするしと大変です。 お酒を抜いたらアルコールで鈍感になっていた身体が、 急に敏感になったような感じ? アルコールが覆い隠していた 疲労や体調不良が一気に噴出した感じです。 そのため、 熱はないのですが、 布団の中で…

続きを読む

プレス・アンド・テディ レスター・ヤング

レスター・ヤングの晩年の傑作、『プレス・アンド・テディ』評をアップしました。 ▼こちらです プレス・アンド・テディ/レスター・ヤング プレス・アンド・テディ+1 このアルバムは、レスター・ヤングの代表作に必ず挙げられるアルバムで、 特に、冒頭の《オール・オブ・ミー》が素晴らしい演奏なのですが、 レスターのテナーサックスはもちろんのこと、 ジョー・ジョーンズの力強…

続きを読む

おいしい水 アストラッド・ジルベルト

アストラッド・ジルベルト『おいしい水』のレビューをアップしました。 ▼こちら(・∀・)b おいしい水/アストラッド・ジルベルト おいしい水 ▼収録曲 1. ワンス・アイ・ラヴド 2. おいしい水 3. 瞑想 4. アンド・ローゼズ・アンド・ローゼズ 5. 悲しみのモロ 6. お馬鹿さん 7. ジンジ 8. フォトグラフ 9. 夢みる人 10. あな…

続きを読む

晩年ブレイキー ブルー・ナイト

Blue Night/Art Blakey フロントが、テレンス・ブランチャード&ドナルド・ハリソン。 ピアノがマルグリュー・ミラー、 ベースがロニー・プラキシコ。 この面子の時期のメッセンジャーズ、 じっくり腰をすえて聞いたことって そういえば、あまりなかったなぁ~。 そういう方のために『ブルー・ナイト』。 そろそろ、クリフォード・ブラウ…

続きを読む

有村架純 ベースマガジン

BASS MAGAZINE 2015年 5月号 有村架純とプレシジョンベース! 意外(?)な組み合わせ。 だけど、かなり似合っている。 というか、有村架純ってベース弾くんだっけ? いやいや、ベーシストではなく、 今回の『ベースマガジン』の女子ベース特集ということで、 表紙と本文1ページに登場した模様。 ま、近日公開される映画、 『ビリギャル 学年…

続きを読む

チコ・ハミルトン・クインテット・イン・ハイ・ファイ

チコ・ハミルトンのグループの演奏って、 長らく苦手だったんですよ。 正直に告白すると、 今でも心の底から楽しめるのかというと、 そうではないと思う。 エリック・ドルフィーが参加しているアルバムであれば、 ドルフィー好きということもあるし、 ドルフィーが持つエネルギーや躍動感が 演奏全体にも波及しているので、 けっこう楽しめます。 しかし、管楽器奏者…

続きを読む

ジャズタモリ SWITCH

特集:ジャズタモリ 雪が似合うジャズマンはカッコいい。 『ゴールデンサークル』のオーネット・コールマンに、『フライト・トゥ・デンマーク』のデューク・ジョーダン、……そして、タモリ! 早稲田のダンモに所属し、トランペットをやっていたということは周知のとおり。 トランペッター・タモリが雪の上で吹く姿、なかなか絵になっています。 長寿番組の呪縛から解放されて1年、好き…

続きを読む

ドロシー・アシュビー イン・ア・マイナー・グルーヴ

ジャズ・ハープ奏者、ドロシー・アシュビーの 『イン・ア・マイナー・グルーヴ』評をアップしました。 ▼こちらです。 イン・ア・マイナー・グルーヴ/ドロシー・アシュビー ジャズのハープってどんな感じ? 彼女のリーダー作は、他にもあるのですが、 やはり、プレスティッジから出ていて、 なおかつ、ドラムスがロイ・ヘインズ、 フルートがフランク・ウェスと、 「根っからジ…

続きを読む

大西順子 デビューアルバム

やっぱり、なんだかんだいっても、 大西順子の最高傑作はファーストアルバムの『WOW』なんじゃないかと。 タッチの力強さ、 思い切りの良さと潔さ、 暖めてきたであろうアイデアの爆発…… 最初から最後まで、音が生き生きとしていて 一瞬たりとも気が抜けない気迫の一枚だと思うのです。 だからといって、それ以降のアルバムがイマイチというわけでは決してなく、 アレ…

続きを読む

マジすか学園とセロニアス・モンク

『マジすか学園』にしても、 ジャズの演奏にしても、 我々は(私だけ?)は、 どうやら、人が「必死」になっている姿に 心打たれる習性があるようです。 というわけで、こんな雑文アップしてみました。(・∀・)b ▼ マジすか学園とセロニアス・モンク 《ブリリアント・コーナーズ》は、なぜ名演なのか? なぜロリンズもアーニー・ヘンリーも名演を繰り広げてしまった…

続きを読む

読者プレゼント!メルマガ3000号突破記念

私が発行しているメルマガ 「高野雲の快楽ジャズ通信【Jazz Magazine】 」が おかげさまで、3000号を突破いたしました。 登録、詳細ページは⇒こちらです。 2001年の3月から始めているので、 かれこれ14年、 だらだらと続けていることになります。 私はジャズ研究家でも、評論家でもなく、 好きなジャズの守備範囲も、かなり偏っている …

続きを読む

省エネ奏法が生み出す歌心~ポール・チェンバースのベース

Bass On Top/Paul Chambers 昔書いた、チェンバースのベース奏法に関してのテキストを 加筆してみました。 ▼こちらです 省エネ奏法が生み出す歌心~ポール・チェンバースのベース チェンバースの『ベース・オン・トップ』は、 アルコ奏法の《イエスタデイズ》だけではなく、 ピチカート奏法の《帰ってくれればうれしいわ》にも注目してみよう! …

続きを読む

デュオ・セッションズ レイ・ブラウン ジミー・ロウルズ

デューク・エリントンとレイ・ブラウンのデュオは、 重厚、かつ荘厳ですらある一大傑作なんだけど、 こちらのベースとピアノのデュオは、 もっと日常的というか、普段着感覚で聴けます。 ジミー・ロウルズ、 聴いたことのない人は、 このアルバムから入るといいかもしれませんね。 (*'▽') Duo Sessions ▼収録曲 disc:1 1. Sophistic…

続きを読む

リーピン・アンド・ローピン ソニー・クラーク

「サウンズ・パル」高良俊礼氏より、 ソニー・クラークの『リーピン・アンド・ローピン』評を ご寄稿いただきました! ▼こちらです ソニー・クラークとその情緒 もう、このアルバムはホーン陣も リズム隊も、渋過ぎるほどに渋いのです。 トランペットがトミー・タレンタインでしょ? テナーサックスが、チャーリー・ラウズにアイク・ケベック。 このB級感漂いつつも、…

続きを読む

ジス・ワンズ・フォー・ブラントン デューク・エリントン レイ・ブラウン

BGM的な“オサレ”なジャズっぽい音楽も たまにはいいけれど、 でも、やっぱりそれを聴いた後には、 ガッツーン!と骨のあるジャズも聴きたい! ってことで、 デューク・エリントンと、 レイ・ブラウンのデュオ、 『ジス・ワンズ・フォー・ブラントン』です。 これぞホンモノ! ガッツリとオトコのジャズです! 二人とも太い、太い! 音も。 音…

続きを読む

ロバート・グラスパー ブラック・レディオ

この前、中学を卒業したばかりの息子が 最近ハマッっているアルバムが、コチラ。 Black Radio ロバート・グラスパーの『ブラック・レディオ』です。(・∀・)b 我が家では、リヴィングに置いてあるPCから 音楽をかけっぱなし状態にしているのですが、 そのPC内のiTunesがランダムに選曲した ニルヴァーナのカバー(スメルズ・ライク・ティーン・スピリ…

続きを読む

sponsored link
  • SEOブログパーツ