日曜日のジャズ ジャック・ウィルソンの『イースタリー・ウィンズ』がイイ(・∀・)b

新宿の東口を出て、ディスク・ユニオンに向かうまでの道。 いつもに増して、日曜日は人が多いです。 混雑しているってほどじゃないけど。 そんなとき、 ふと、ジャック・ウィルソンを聴きてぇ~と思ってしまいました。 ブルーノートの『イースタリー・ウィンズ』ね。 これ、なにげに、かなりの名盤なんですよ。 リーダーのジャック・ウィルソンは、 知る人…

続きを読む

チコ・ハミルトンは、ドルフィーが参加した『ゴング・イースト』が良い

チコ・ハミルトンがリーダーのアルバムの音楽は、 曲もアレンジも「構築的」なものが多いような気がします。 そこが、彼の良いところでもあり、 ちょっと頭デッカチに感じてしまうところもあるのですが……。 彼のドラミングも、構築的な要素が感じられるので、 同じドラマーでも、 たとえば、エルヴィン・ジョーンズのように、 時には小節をはみ出してまでも、ひたすらグルーヴするタ…

続きを読む

スパニッシュなチックといえば、《スペイン》だが、《アイ・オブ・ザ・ビフォルダー》も忘れずに!

《スペイン》ほど、直球ストレート的に情熱的ではないかもしれないけど、 チック・コリア特有のスパニッシュフレヴァーと、迫り来るような情熱、 これを、いったん因数分解した上で、 音によるストーリーテリングの起伏を より細やかにしたかのようなアレンジの 《アイ・オブ・ザ・ビホルダー》。 エレクトリック・バンドの3枚目の目玉曲ですが、 「おっ、盛り上がるかな?」と思わせ…

続きを読む

カラッと晴れた日に、バド・パウエルの《二人でお茶を》が気持ちいい

東京、今日はいい天気です。 気温だけは、夏のよう。 でも、夏のおうにジメッとした湿度はないので、 けっこう快適です。 今日干した布団で夜寝るのが楽しみ♪ こういうカラッと気持ちよく晴れ渡った日に バド・パウエルを聴くとしたら 何がいいのか考えてみました。 バド・パウエルのピアノって、 ものすごく熱くてエキサイティングなプレイが 特に…

続きを読む

ディア・オールド・ストック・ホルム マイルス・デイヴィス

先日公開がはじまった映画 『イニシエーション・ラブ』を観てきました。 ジャズクラブのシーンがあるんですが、 そこで演奏されている曲は 《ディア・オールド・ストック・ホルム》でした。 うー、早く帰って マイルスの『ラウンド・アバウト・ミッドナイト』聴きてぇ~! そう思ったのは、おそらく、テーマの後が ベースソロだったからなのかもしれません。(・∀・)b …

続きを読む

カンタロープ・アイランド エンピリアン・アイルズ

ハービー・ハンコックの《カンタロープ・アイランド》。 こちらのUS3のバージョンのほうが、 オリジナルバージョンよりも なぜか速く聴こえちゃうんですよね。 ハンド・オン・ザ・トーチ(20周年記念デラックス・エディション) 使用音源はブルーノートのものだから、 実際のテンポは一緒なはずなんだけど、 リズムボックスの音が挿入されるだけで、 速度の認識が変わってしま…

続きを読む

キャノンボールのワルツ・フォー・デビー

Know What I Mean/Cannonball Adderley ビル・エヴァンスがスコット・ラファロと ポール・モチアンのトリオで演奏した 《ワルツ・フォー・デビー》の演奏が、 ニューヨークの夜を象徴しているとしたら、 キャノンボールがエヴァンスを組んで演奏した 《ワルツ・フォー・デビー》の演奏は、 さながらカリフォルニアの昼間のように、 カラッとスッキリ爽…

続きを読む

ナンシー・ウィルソン&キャノンボール・アダレイ

ナンシー・ウィルソンの声が苦手だという人は、 ナンシー抜きのキャノンボール・クインテットの演奏だけでも、 十分モトがとれる充実の演奏が楽しめるアルバムです。 私も以前は、正直言って、 ナンシー・ウィルソンのパワフルなヴォイスが苦手で、 長らく、このアルバムを買うことを避けていたんですが、 いざ、買って聴いてみると、 なかなかどうして。 最初から強烈なヴォーカル…

続きを読む

シンバル乱舞 秋吉敏子の『孤軍』

秋吉敏子の『孤軍』評をアップしました。 ▼こちらです 孤軍/秋吉敏子=ルー・タバキン ビッグバンド 若かりし日の秋吉敏子。 単身渡米し、現地のジャズマンを束ね、 日本人としてのアイデンティティを表出しつつも、 しっかりと「本場モン」のジャズを力強く打ち出しています。 とくに、ピーター・ドナルドのバンド全体を鼓舞するドラミング、 まるで金属が乱舞するようなシ…

続きを読む

ジョージ・デュヴィヴィエの「変態性」が垣間見えるピアノトリオ

普通っぽいんだけど、 よく聴くと、なんだか微妙にヘン。 このように、 そこはかとなく「変態」を感じるベーシストといえば、 わかりやすいところでいえば、 スティーヴ・スワロウがそうなのでしょうが、 もっと、じっくり聴かないと、 なかなか、そのベーシストの変態性(もちろん褒め言葉です)が 気付きにくいタイプのベーシストといえば、 やはり、ジョージ・デュヴ…

続きを読む

ヘディン・サウス ホレス・パーラン

Headin' South/Horace Parlan ルー・ドナルドソンの《ブルース・ウォーク》が好きなんですが、この曲の「哀感」を土臭くも引き立てているのが、レイ・バレットのコンガだと思うんですね。 ブルース・ウォーク ♪スッポコ・ッポコ・ッポコ…… とてもシンプルで飾らないコンガ。 この素朴なコンガが好きな方は、ホレス・パーランのリーダ…

続きを読む

ピット・イン シダー・ウォルトン

村上春樹も会場にいたという、 新宿ピット・インで行われた シダー・ウォルトンのライヴ。 ドラムがビリー・ヒギンス、 ベースがサム・ジョーンズ。 演奏のまとまり具合は、文句なしです。 特にサム・ジョーンズのベースに聞き惚れてしまいます。 3人のジャズ職人による本場のジャズ。 日本の聴衆は、当日(クリスマスの日だったそうです)は たっぷりと堪能できたのではな…

続きを読む

インパルス~オレンジと黒のレーベル

奄美大島在住の音のソムリエ・高良俊礼氏より 「インパルス」レーベルについてのテキストを ご寄稿いただきました。 ぜひ、お読みになってください。 ▼ Impulse! ~オレンジと黒の革命【1】 Impulse! ~オレンジと黒の革命【2】 たしかに、インパルスのジャケットの背表紙(というのかな?)の色、 オレンジと黒は目立ちますよね。 自宅のCD棚で…

続きを読む

ビル・エヴァンス ラスト いつか王子さまが

おそらくは、ビル・エヴァンスの生涯最後の 《いつか王子さまが》の演奏でしょう。 亡くなる10日前のライヴ。 激しい演奏、を飛びこえて、 もはや壮絶、 いや凄絶とさえいえるほどのピアノ。 長めのベースソロに突入する前の 何かに取り付かれたかのようなピアノは、 本当にただごとではありません。 ラスト・レコーディング I ▼収録曲 1. あなたと夜と音楽と…

続きを読む

ファースト・メディテーションズ ジョン・コルトレーン

朝に聴くコルトレーン。 あまり思い浮かびません。 コルトレーンは、やっぱり朝より夜のほうが似合いそうなタイプのジャズマンです。 くわえて、重厚長大なイメージも強いので、 朝から重たい気分になりたい人って、 あまりいないような気がします。 しかし、全部が全部、 コルトレーンの音楽が朝に似合わないのかというと、 そうでもないんですよね。 たとえば、今、ピンポ…

続きを読む

ニューリー・ディスカヴァード・サイズ/チャーリー・パーカー

すべてのパーカー音源が「緊張感」を強いられるものではありません。 たとえば、風呂上りにピッタリの『ウィズ・ストリングス』とか、 テキーラ飲みながらゴキゲンに聴ける『フィエスタ』なんかは、 コーヒーを飲みながら腕を組んで 「じっくり」鑑賞するよりも、 能天気に「いい気分だなぁ~」といいながら 聴くほうが合っているかもしれません。 まあ上記2枚は、ジャズファ…

続きを読む

カール・パーキンス・トリオ

先日紹介したマッコイ・タイナーといい(⇒こちら)、 今年の連休期間中は、 オーソドックスなピアノトリオを中心に聴いているような気がします。 普通のよく知られた曲を 普通に演奏するからこそ、 かえってピアニストの個性がハッキリと出てしまう。 料理人にオムレツのようなシンプルな料理を作らせると、 その料理人の力量がわかってしまうのと同様、 ジャズの場合も、…

続きを読む

オール・ザ・シングズ・ユー・アー コニッツ・ミーツ・マリガン

これぞ「省略の美」というべきでしょう。 『コニッツ・ミーツ・マリガン』の《オール・ザ・シングズ・ユー・アー》。 リー・コニッツのアルトが繰り出す 鋭い出だし。 しかも、たったの2音。 この2音で、スタンダードナンバー《オール・ザ・シングズ・ユー・アー》の 出だしのメロディに使用される数音を表現しきっちゃっている。 似たようなアプローチ…

続きを読む

バラードとブルースの夜 マッコイ・タイナー

コルトレーン・カルテットの演奏に耳慣れた状態で、 『バラードとブルースの夜』を聴くと、 えっ?このピアノ、マッコイ?? となること請け合い。 とてもソフトで、オーソドックスなピアノトリオなのです。 《サテン・ドール》というスタンダード曲は、 こういう曲なんですよ〜。 《酒とバラの日々》というスタンダード曲は、 こう弾くと、良…

続きを読む

【当選者発表!】読者プレゼント!メルマガ3000号突破記念

メールマガジン3000号突破を記念して催した プレゼントキャンペーン(⇒こちら) ▼景品はこちら:2名様/解説・高野雲(笑) ザ・グッド・フィーリング [日本語帯付/解説一体型] [輸入CD] たくさんのご応募、ありがとうございました! 昨日4月30日に締め切らせていただき、 本日5月1日、当選者を発表いたします。 ●ずんどう様(高崎市) ●今宮様…

続きを読む

sponsored link
  • SEOブログパーツ