ジョー・パスのフォー・ジャンゴ

For Django/Joe Pass ジョー・パスの『フォー・ジャンゴ』評を加筆修正しました。 ▼こちらです。 http://cafemontmartre.tokyo/music/for_django/ ジャンゴ・ラインハルトに捧げたアルバムではありますが、 ジャンゴのコピー演奏ではまったくなく、 35歳の時のジョー・パスが、 その時点で持てる技量を出し切って …

続きを読む

ノラ・ジョーンズ カム・アウェイ・ウィズ・ミー評

Come Away With Me/Norah Jones 本日、日曜日の東京は小雨降る灰白色の空模様です。 こういう軽く憂鬱な日曜日の気分を 和らげてくれたのが、ノラの歌声。 なので、 ノラ・ジョーンズのデビューアルバム、 『カム・アウェイ・ウィズ・ミー』評を加筆修正してみました。 ▼こちらです(・∀・)b http://cafemontmart…

続きを読む

ジューン・クリスティ『サムシング・クール』評

Something Cool/June Christy ジューン・クリスティの『サムシング・クール』評をアップしました。 ▼こちらです http://cafemontmartre.tokyo/music/something_cool/ いやはや、素敵なアルバムです。 ようやく、彼女が本質的に持つ 終始一貫クールな佇まいをキープする歌唱の素晴らしさを 理解…

続きを読む

にせ信者サム ホレス・シルヴァー

Song For My Father/Horace Silver 少し前まで猛烈に暑かった陽気が一転して、すっかり秋モード。 夜は毛布がないと肌寒いぐらいの空気になってきました、東京は。 そういう秋の夜長、にはまだ早いのですが、ヒンヤリした8月下旬の真夜中に聴きたくなるのが、コレ。 Song For My Father いや、もちろんタイトルナン…

続きを読む

アローン・トゥゲザー(ジム・ホール&ロン・カーター)評

Alone Together/Jim Hall & Ron Carter ジム・ホールとロン・カーターの『アローン・トゥゲザー』評をアップしました。 ▼こちらです http://cafemontmartre.tokyo/music/alone_together/ なんと、このふたりのコンビが結成されたキッカケは、 ケニー・バレルだったんですね。 うちの店でデュ…

続きを読む

マラカイ・フェイヴァースのベース

Full Force/Art Encemble Of Chicago アート・アンサンブル・オブ・シカゴのベーシスト、マラカイ・フェイヴァースのベース、昔からすごく好きでした。 なにしろ、音もグルーヴも太いし、ウネるんですよ、すごく。 私もそんなベース弾けたらなぁ、と思い、『フル・フォース』の中で、印象的なベースの一部をウッドベースで弾いてみて、動画を以下の記事にア…

続きを読む

《フライト・トゥ・ジョーダン》と《ジェリコの戦い》

Flight To Jordan/Duke Jordan デューク・ジョーダンの『フライト・トゥ・ジョーダン』評を 加筆修正しました。 ▼こちらです。(・∀・)b http://cafemontmartre.tokyo/music/flight_to_jordan/ 《ジェリコの戦い》と、《フライト・トゥ・ジョーダン》のメロディ、 似てますねぇ~。 ヘタく…

続きを読む

平井景セッション ~THE TRIO~ 横浜「Jazz Spot DOLPHY」

ドラマー&作曲家の平井景氏のライヴのお知らせです。 金曜日は横浜のドルフィーに集結!  ̄∇+ ̄)vキラーン 8/28(金) 神奈川・横浜「Jazz Spot DOLPHY」 松本圭司 (P) 平石カツミ (B) 平井景 (Drs) ───────────────── 19:30~ 予約\3,500(要別途、1ドリンク)/ 学生半額 tel.045-261-45…

続きを読む

シェリー・マンのドラミングは、やっぱり凄い!

My Fair Lady/Shelly Manne シェリー・マンの『マイ・フェア・レディ』評を加筆修正しました。 ▼こちらです http://cafemontmartre.tokyo/music/my_fair_lady/ 以前、ジャック・ディジョネットが インタビューで、 シェリー・マンのブラッシュワークの素晴らしさについて言及していましたが、 …

続きを読む