ダーク・ビューティ/ケニー・ドリュー

ケニー・ドリューを代表するピアノトリオ 『ダーク・ビューティ』評を加筆修正しました。 ▼こちらです。 http://cafemontmartre.tokyo/music/dark_beauty/ タイトル曲《ダーク・ビューティ》や《サマー・ナイツ》。 ピアノの背後に流れる鈴の音、 ♪ちり~ん、ちり~ん これが良い効果を生んでいます。 …

続きを読む

ダスター/ゲイリー・バートン

ゲイリー・バートンの『ダスター』評をアップしました。 ▼こちらです。 http://cafemontmartre.tokyo/music/duster/ ラリー・コリエルが熱い! バートンの勢いも止まらない! ジャズ・ロックを代表するアルバムという世評ですが、 ロイ・ヘインズの柔軟なドラムあってのことでしょう。 コルトレーンの没年に録音された…

続きを読む

中山康樹・最期の著書『ウィントン・マルサリスは本当にジャズを殺したのか?』

ウィントン・マルサリスは本当にジャズを殺したのか? 中山康樹氏、ラスト・レコーディング、 ……ではなく、ラスト・ライティングの 『ウィントン・マルサリスは本当にジャズを殺したのか?』を読み終わり、 現在感想を書いているのですが、 うーむ、書きたいことが山ほどあって、 まだ半分ぐらいしか書けていない状況です。 既に文字数は5000文字を突破しているのですが、 おそら…

続きを読む

ギル・エヴァンス・アンド・テン/ギル・エヴァンス

『ギル・エヴァンス・アンド・テン』評を加筆修正しました。 ▼こちらです。(・∀・)b http://cafemontmartre.tokyo/music/gil_evans_ten/ 通常は16人(前後)のジャズのビッグバンド。 しかし、それよりも少ない10人というコンパクトな編成で、 これだけ色彩豊かなサウンドを生み出すギルのアレンジ、 やはり恐るべ…

続きを読む

スタンダーズ vol.1/キース・ジャレット

キース・ジャレットの『スタンダーズvol.1』評を加筆しました。 ▼こちらです。(・∀・)b http://cafemontmartre.tokyo/music/standards_1/ キースが、ディジョネットやピーコックを選んだ理由は、 2人とも「ピアノが弾けるから」だったんですね。 いかに「メロディ」を大事にすることがコンセプトのトリオなのか、…

続きを読む