ジャズ・アット・オバーリン デイヴ・ブルーベック

Jazz At Oberlin/Dave Brubeck クラシック、現代音楽。 ブルーベックのバックグラウンドがよくわかるアルバムです。 ポール・デスモンドの美しい音色のアルトサックスが、 かえってクラシック的な格調高さを出しているんですよね。 そして端正。 それでいて、さすがライヴなだけに、 盛り上げるのも巧み。 ブルーベックが他のジャズピアニ…

続きを読む

ヒューストン・パーソン ジャスト・ビトウィーン・フレンズ

ヒューストン・パーソン、けっこう好きなんですよね。 ソウル、リズム&ブルース系のナンバーをブロウするのが得意な彼ですが、 では、誰もが知るスタンダードナンバーを彼がテナーで吹くと? それも《ダーン・ザット・ドリーム》や、 《アローン・トゥゲザー》のようなバラードを。 そのこたえが『ジャスト・ビトウィーン・フレンズ』。 結論から言うと、良い!…

続きを読む

ダイアン チェット・ベイカー

Diane/Chet Baker 耽美、耽美。 でも暖かい。 チェット・ベイカーとポール・ブレイのデュオです。 すべてが包み込むような暖かさと優しさ。 ポール・ブレイ特有のトゲトゲしたピアノも息を潜めています。 よってマイルド、暖かい。 チェット・ベイカー、若い頃の勢いはないけれど、この微妙にヨレた感じも、なんともいえぬ味わいです。 …

続きを読む

ホレス・パーラン ミュージカリー・ユアーズ

Musicaly Yours/Horace Parlan やっぱり、ホレス・パーランのピアノはいいねぇ~。 彼の重く、ほんのりダークなタッチで奏でられる 有名曲の数々。 アローン・トゥゲザー、 メモリーズ・オブ・ユー……、 ルビー・マイディア……、 そして、ナルディス……。 うーん、どれもが染みる、染みる。 コーヒーとパーランが似合う秋になっ…

続きを読む

クリエイション キース・ジャレット

Creation/Keith Jarrett ¥ キース・ジャレット70歳。 最近のピアノソロライヴの「いいとこどり」集大成。 「いいとこどり」⇒選曲は、キース自身です。 あいかわらず美しいピアノの音色、旋律は、 よりいっそう磨かれてきている、 というよりは、すでに悟りの境地? 個人的には『ケルン・コンサート』よりも好きですね。 ◎収録曲…

続きを読む

バド・パウエル・イン・スカンジナヴィア

Bud Powell in Scandinavia/Bud Powell おお~! これは貴重な音源! どれもが後期パウエルの音源では聴いたことのあるナンバーばかりかもしれませんが、(でも《異教徒たちの踊り》は珍しい?)パウエルファンとしては、やっぱり聞き逃せない。 パウエル・ファン必携ですな! 限定999枚シリアル番号入りです。 ◎収録曲 1. …

続きを読む

上原ひろみの『ブレイン』

Brain/上原ひろみ 以前、このブログのラジオ版の「上原ひろみ特集」でジャズブロガーのいっきさんをお招きした際、二人が持ち寄った「上原ひろみ・イチオシ曲」が二人とも『ブレイン』の曲からでした。 本当は、幅広く色々なアルバムから様々な曲を紹介すべきだったのかもしれませんが、 二人が捕えている「上原ひろみ観」が極端な振り幅の中においての一致を見たので、それはそれで…

続きを読む

ドキシー アキコ・グレース

Graceful Vision/アキコ・グレース アキコさんが奏でる《ドキシー》。 ロリンズ作曲のファンキーナンバーが、 こうも凛と美しい佇まいの 格調高い演奏に生まれ変わっていますが、 かなり原曲のメロディから離れているため、 なかなか《ドキシー》の面影が見出せませんでした。 ラスト付近のメロディを聴いて、 「おおドキシー!」 そんな感じだった…

続きを読む

シダー・ウォルトン・トリオ/シダー・ウォルトン

Ceder Walton Trio 最近CD化されて発売されたシダー・ウォルトンのトリオです。 アルバムタイトルは、そのまま『シダー・ウォルトン』。 ドラムスがビリー・ヒギンスで、ベースがデヴィッド・ウィリアムス。 オーソドックスかつ堅実なリズムセクションですね。 ジャケットは、あまりそそらないデザインだけれども、シダー・ウォルトンの…

続きを読む

カーティス・フラーの《ブルー・ボサ》

Meets Roma Jazz Trio/Curtis Fuller カーティス・フラーが奏でる《ブルー・ボサ》。 トロンボーンが《ブルー・ボサ》を奏でると、なかなか味わい深いコクが生まれてきますね。 1982年、イタリアはローマでのライヴです。 《ブルー・ボサ》もいいけれど、個人的には《アフタヌーン・イン・パリ》がいいですね。 この曲の旋律は、まる…

続きを読む