ホレス・パーラン ミュージカリー・ユアーズ

Musicaly Yours/Horace Parlan やっぱり、ホレス・パーランのピアノはいいねぇ~。 彼の重く、ほんのりダークなタッチで奏でられる 有名曲の数々。 アローン・トゥゲザー、 メモリーズ・オブ・ユー……、 ルビー・マイディア……、 そして、ナルディス……。 うーん、どれもが染みる、染みる。 コーヒーとパーランが似合う秋になっ…

続きを読む

カインド・オブ・パウエル

Kind Of Brown/Bud Powell 『カインド・オブ・ブルー』ではなく、 『カインド・オブ・パウエル』。 うーむ、古いようで新しいゾ。 最近は、ジャズ・ジャイアンツの『カインド・オブ』シリーズが、色々と発売されていますね。 クリフォード・ブラウンの『カインド・オブ・ブラウン』なんざ、 もろ、クリスチャン・マクブライドのアルバム名ではな…

続きを読む

セシル・テイラーの『ユニット・ストラクチャーズ』

フリージャズの代表的ピアニスト、セシル・テイラーの『ユニット・ストラクチャーズ』評をアップしました。 ▼こちら ユニット・ストラクチャーズ/セシル・テイラー セシルの作品の中では、「難易度」の高い位置づけのアルバムかもしれません。 しかし、いったんアンサンブルの「カラクリ」のようなものに気付いてしまえば、一気に「難解」だと思っていた気持ちが溶解し、こちらの脳の中に…

続きを読む

スタン・ゲッツ『スウィート・レイン』評

Sweet Rain/Stan Getz スタン・ゲッツの『スウィート・レイン』評をアップしました。 ▼こちらです。 http://cafemontmartre.tokyo/sweet_rain/ チック・コリアが良い、 チック・コリアが良い、 チック・コリアが良い、 チック・コリアが良い、 とばかり言われているアルバムですが、 ドラムの、 グ…

続きを読む

秋の気配を感じたら フレディ・レッドの『シェイズ・オブ・レッド』

Shades Of Redd/Freddie Redd あっという間に9月。 夏の汗ボタボタだった日々は、はるか過去の話になってきつつあります。 少しずつ秋の気配が感じられる今日のような日は、フレディ・レッドの『シェイズ・オブ・レッド』を聴いて、熱い演奏の中に漂う「切なさ」も味わってみましょう。 特に1曲目が良いんだな~。 『シェイズ・オブ・…

続きを読む

コルトレーンの《アセンション》は、やっぱりフリージャズじゃなかった

Ascension/John Coltrane ジョン・コルトレーンの『アセンション』評を加筆しました。 ▼こちらです。(・∀・)b http://cafemontmartre.tokyo/ascension/ 小川隆夫さん・著の本を読み返していたら ジャズマンはこう聴いた!珠玉のJAZZ名盤100 このレコーディングに参加していた アーチー・シ…

続きを読む

コルトレーン・アット・ニューポート

My Favorite Things/Coltrane at Newport ジョン・コルトレーンの『マイ・フェイヴァリット・シングス:コルトレーン・アット・ニューポート』評をアップしました。 ▼こちらです。(・∀・)b http://cafemontmartre.tokyo/myfavorite_newport/ 『セルフレスネス』が大好で、まだ未聴の方は すぐに…

続きを読む