クロッシングス ハービー・ハンコック

Crossings/Herbie Hancock アナログシンセ・ハンコック・ファンクが、最近、妙に気持ちが良いのです。 ポール・ジャクソンのベースも良いけれど、このアルバムではバスター・ウィリアムスのベースも良いかな、と。 そして、単なるポップなピコピコに陥らない、ダークな色彩をほんのりキープしているのは、ベニー・モウピンのバスクラやサックスの存在が大きい。 …

続きを読む

奇妙な果実のサニー・サイド

Strange Fruite/Billie Holiday 《奇妙な果実》が入っているアルバムというイメージが強すぎるためか、アルバム『奇妙な果実』のイメージは冒頭のタイトル曲に集約されているといっても過言ではないと思います。 それと、次点が《イエスタデイズ》かな。 要するに、スローで重いという印象。 しかし、この最初の2曲だけでイメージを決定づけてしまうのは、「ちょ…

続きを読む

ムーンビームス ビル・エヴァンス

Moonbeams/Bill Evans ジャケ写の女性は、 ベルベット・アンダーグラウンドのニコ。 この気だるい、耽美的なヴィジュアルが、 エヴァンストリオが繰り出す演奏内容そのものを 雄弁に語っています。 眠くなるほど気持ちが良いのは、 色気たっぷりのチャック・イスラエルのベースの賜物かもしれない。 ▼収録曲 1. リ・パーソン・アイ・ニュー 2.…

続きを読む

ブルー・レスター レスター・ヤング

Blue Lester/Lester Young すごいポーズで吹いているなと思ったものです。 レスター・ヤングのことをまだ知らない時期に、このアルバムのジャケットを見たときは。 そして、このような吹きっぷりだから、さぞエキサイティングにブロウしまくるんだろうなと思いきや、柔らかく、どこまでも流れるように自然な躍動感、そして「粋」。 レスターの魅力がたっぷりと詰まった…

続きを読む

ストックホルム・セッション スタン・ゲッツ

Stockholm Session/Stan Getz うーん、やっぱりゲッツはいい。 音はウォームで演奏の眼差しはクール。 この対比、混合具合が絶妙で、 2枚組みのボリュームのディスクでありながら、 また、同じ曲の別バージョンがいくつかあっても、 曲をスキップさせることなく、 ついつい最後まで聴き入ってしまうのです。 ▼収録曲 disc 1 …

続きを読む

グラント・グリーン『グラントスタンド』評

Grant Stand/Grant Green グラント・グリーンの『グラント・スタンド』評をアップしました。 ▼こちらです グラントスタンド/グラント・グリーン 真夜中の似合うアルバムではありますが、今日の曇り空の東京のような、なんとなく冷え冷えとした週末の午後に聴くのも悪くないですね。 暖かなグリーンのギターのシングルトーンが、冷えかけてきた心をほんのりと暖めて…

続きを読む

ボス・サイズ・ナウ ジョニ・ミッチェル

Both Sides Now/Joni Mitchell ジャコやメセニーが参加した『ミンガス』や『シャドウズ・アンド・ライツ』だけがジャズファンに喜ばれるジョニ・ミッチェルではない! ハービー・ハンコック、ウェイン・ショーターらがゲスト参加している本作も、ダークな陰影に富んだ味わい深い1枚なのです。 カナダ出身のジャズ歌手といえば、最近ではダイアナ・クラール一辺倒…

続きを読む

ハービー・ハンコックとジャコ・パストリアスの《4 AM》

Mr.Hands/Herbie Hancock 午前4時に聴くよりも、午前7時に聴いたほうが「朝の始まり」を実感できるナンバー《4 AM》。 ポール・ジャクソン、ロン・カーターら様々なベーシストが参加し、それぞれのベーシストの個性を味わえる贅沢アルバム、ハービー・ハンコックの『ミスター・ハンズ』。 このアルバムの中では、個人的には、ジャコがベースを弾いている《4 AM》がお…

続きを読む

ドラマ『エンジェル・ハート』のオープニング

現在放映中のテレビドラマ『エンジェル・ハート』。 番組オープニングのジャズ風のテーマの「キメ」のあの部分は、 完全にソニー・クラークの《ブルー・マイナー》だよな~と思いつつ、 毎週観とります。 (・∀・)b 香瑩(しゃんいん)のキャラは、コミック版(あるいはアニメ版)に比べると、かなり暗い感じだけれども(そのうちだんだん明るくなっていくかもしれないけど)、ま、これはこれ…

続きを読む

ひばりジャズを歌う~ナットキング・コールをしのんで

ひばりジャズを歌う~ナットキング・コールをしのんで オスカー・ピーターソンだけではなく、 わが国日本でもナット・キング・コールを追悼している方がおられました。 ご存知、美空ひばりさんです。 28歳の時のステージ。 巧い! ヘンにナット風に合わせようとしていないところが、個人的には好評価。 (・∀・)b ▼収録曲 1. スターダスト 2.…

続きを読む