テリー・ポラード 幻の作品

Terry Pollard/Terry Pollard ピアニスト、テリー・ポラード。 ご存じでしたか? 女性ピアニスト兼ヴァイブ奏者です。 女性ピアニストだからといって侮るなかれ。 中期バド・パウエルを連想させる硬派なタッチ。 ボーっとiTunesのシャッフルを聴いていたら、一瞬、初期の秋吉敏子のアルバムだと勘違いしてしまったほどです。 パーカーや…

続きを読む

ジャム・フォー・ユア・ブレッド/レッド・ミッチェル

Jam For Your Bread/Red Mitchel レッド・ミッチェルの代表作。 たしか、『サム・ホット・サム・スイート・サム・ワイルド』というタイトルだったと思うんだけど、 ⇒サム・ホット・サム・スイート・サム・ワイルド/レッド・ミッチェル さっきアマゾンで見てみたら、『ジャム・フォー・ユア・ブレッド』というタイトルになっていましたね。 収録曲も同じ…

続きを読む

ヒアズ・リー・モーガン/リー・モーガン

Here's Lee Morgan/Lee Morgan 足長モーガンのジャケットが印象的な『ヒアズ・リー・モーガン』。 ジャズ特有の小粋さを余すことなくジャケットのみならず演奏でも体現しています。 ウイントン・ケリー効果とでもいうべきか、彼のツボを押さえたセンス良いピアノのバッキングが、よりいっそうリー・モーガンのトランペットの旋律を際立たせているようで、なかなか…

続きを読む

ドン・チェリー『即興演奏家のためのシンフォニー』評

Symphony For Improbisers/Don Cherry ドン・チェリーの『即興演奏家のためのシンフォニー』評をアップしました。 ▼こちらです。 即興演奏家のためのシンフォニー/ドン・チェリー カール・ベルガーのヴァイブの音が、演奏のアクセントとなり、かなり良い効果をもたらしていると思います。 それと、エド・ブラックウェルのドラミングも。 ですの…

続きを読む

ズート・シムズの『ズート』評

Zoot/Zoot Sims 奄美大島在住の音のソムリエ、高良俊礼さんよりズート・シムズの『ズート』評をご寄稿いただきました。 ▼こちらです ズート・シムズ~サムシング・エルスなテナーマン~ 私もこのアルバム大好きです。 ズートの良いところが、たくさん出ていると思います。 もんわりと暖かなテナーサウンド、なかなか良い気分になれます。 今日の東京は…

続きを読む

ザ・スタンダード/スーパー・ジャズ・トリオ(トミー・フラナガン)

The Standard/Tommy Flanagan(Super Jazz Trio) もう25年ぐらい前に買って、友人の家に置きっぱになっていた懐かしのCD。 オーソドックスで堅実な演奏なんだけれども、地味ぃ~というのが当時の印象で、夜、寝るとき以外には、あまり聴くことがないアルバムでした。 そして、忘れた頃、つまり20数年ぶりに聴いてみたんだけど、当時の印象が…

続きを読む

ジャスト・フレンズ 笠井紀美子、大野雄二トリオ

ジャスト・フレンズ/笠井紀美子 with 大野雄二トリオ 1970年9月16日。 銀座のヤマハホールでのライブコンサート。 笠井紀美子のデビューアルバムです。 ソウルフルなヴォーカリストをイメージしがちですが(ハンコックのヘッドハンターズが全面的にバックアップをした『バタフライ』のイメージを引きずってますね……)、言うまでもなく、ここでの歌唱はジャジー。 レ…

続きを読む

鈴木良雄 Generation Gap CD発売記念ライブ 和太鼓との共演

ベーシスト・鈴木良雄さんのライヴのお知らせです。 2015年11月20日(金) 鈴木良雄 GENERATION GAP CD発売記念ライブ 和太鼓との共演 ▼パーソネル 鈴木良雄 (b) 中村恵介 (tp) 山田拓児 (sax ハクエイ・キム (p) 大村亘 (ds) Guest:友野龍士(和太鼓) ▼場所 渋谷「J'z Brat」 03-5728-0…

続きを読む

渡辺貞夫 ライヴ・アット・ジャンク

Live At Junk/渡辺貞夫 1969年、渡辺貞夫が36歳の時のライヴ。 場所は、銀座にあったジャズクラブ「ジャンク」。 当時23歳だった増尾好秋のギターも新鮮です。 (・∀・)b ▼収録曲 1. シェリル 2. 空が落ちてきたらどうしよう 3. ジョージア・オン・マイ・マインド~ザ・テーマ 4. ジス・ガイズ・イン・ラヴ・ウィズ・ユー 5.…

続きを読む

テディ・チャールス・テンテット/テディ・チャールス

Teddy Charles Tentet/Teddy Charles ジョージ・ラッセル、ギル・エヴァンス、ジミー・ジェフリーらがアレンジに参加。 (・∀・)b 美しいヴァイヴを彩る、なかなか硬派でタフな手応えのアレンジとアンサンブルを楽しめます。 ▼収録曲 1. ヴァイブレイションズ 2. クヮイエット・タイム 3. エンペラー 4. ネイチャー・ボ…

続きを読む