リープ・フロッグ チャーリー・パーカー&ディジー・ガレスピー

Bird & Diz/Charlie Parker & Dizzy Gillispie エキサイティングでホットなパーカーとガレスピーのスピード演奏《リープ・フロッグ》。 火花散る4バース。 意外と冷静なモンクのピアノ。 やはりガレスピーのハイノートが痺れまくります。 応酬するパーカーの音圧…

続きを読むread more

『イッツ・タイム』のチャールス・トリヴァー

It's Time/Jackie McLean 『イッツ・タイム』。 マクリーンのアルバムなんだけれども、トランペットのチャールス・トリヴァーが良いんですよね。 そして、ベースもセシル・マクビー。 トリヴァーとマクリーンは、「ジャズ的黒さ」をお求めの方には、うってつけの組み合わせだと思います。 …

続きを読むread more

LIVE AT THE HOLLYWOOD BOWL 1981 マイルス・デイヴィス

Live At The Hollywood Bowl/Miles Davis Sextet 『ウィ・ウォント・マイルス』が大好きな人は、ぜひ耳を通して欲しい音源ですね。 マーカスもマイク・スターンも冴えまくってます。 アル・フォスター、マーカス・ミラー、マイク・スターン、ビル・エヴァンス……。 い…

続きを読むread more

ジミー・ガーリーの《マイノリティ》 クリフォード・ブラウン・セクステット

The Clifford Brown Sextet In Paris/Clifford Brown,Gigi Gryce クリフォード・ブラウンがパリで行ったツアー中、その一員であったクリフォード・ブラウンが親分のハンプトンの目を盗んでお忍びでレコーディングをした作品、『セクステット・イン・パリス』。 これ、ブラウニ…

続きを読むread more

スウィートネス 川上さとみ

Sweetnes/川上さとみ 個人的には蒼くて黒い、それこそジャケットのイメージそのまんまの『イノセント・アイズ』が好きなんですが、このホワイトなジャケットカラーの『スウィートネス』も素敵だと思っています。 イノセント・アイズ 『イノセント・アイズ』にも感じられたパウエルへの心酔っぷりは半端ではないようで《クレ…

続きを読むread more