アート・ペッパーの《ホリデイ・フライト》

The Art Of Pepper/Art Of Pepper 1曲目の《ホリデイ・フライト》に耳を傾ける。 メリハリの効いたアルトサックスの音色。 一音一音キチンと構築されたフレーズは、その隅々までもが、あか抜けている。 東海岸のブルーノートなどのサウンドに慣れた耳で聴くと、サラリとした感触を受けるかもしれ…

続きを読むread more

ヴィレッジ・ゲイトのクリス・コナー

映画『真夏の夜のジャズ』をご覧になればお分かりのとおり、白人女性ジャズシンガーの代表格である、アニタ・オデイ姉御は、屋外のステージでも、ビシッと観衆を惹きつける実力の持ち主。 では、同じく白人女性ジャズヴォーカルで、アニタと同じくハスキー・ヴォイスが魅力のクリス・コナーは? やっぱり、彼女は屋内が似合いそうな雰囲気で…

続きを読むread more

ロン・カーター 枯葉 ベースソロ

1964年。 マイルス・デイヴィス・クインテットのライブ映像です。 演奏曲は《枯葉》。 ロン・カーターの長めのベースソロを楽しめます。 まだこの頃のロンのベースは、太くて重い。(・∀・)b トニーの笑顔、厳しい顔で見守るマイルス。 あと、見逃せないのはショーターのソロ。 テナ…

続きを読むread more

モンク最後のピアノソロ 《Cordially》

The London Collection vol.3/Thelonious Monk コーディアリー ⇒真心をこめて セロニアス・モンクのラストレコーディング『ロンドン・レコーディング』のvol.3。 最後のアルバムの、それこそ一番最後に収められたこの祈るようなピアノに心震える。 9分を超す長めのピアノソ…

続きを読むread more

レイ・ブライアントの《リフレクション》

Holiday For Skins vol.2/Art Blakey 《リフレクション》といえば、 フィニアス・ニューボーンが弾く『ウィ・スリー』の演奏がイイですね。 ロイ・ヘインズがリーダーのアルバム『ウィ・スリー』に収録されているバージョンですね。 We Three: Rudy Van Gelder Re…

続きを読むread more