ヴィジテーション サム・ジョーンズ

Visitation/Sam Jones もちろん音楽も良いのだけれど、まずはジャケットに惹かれてしまうアルバムなんですね。 このアングル、このサムの表情。 そして、しなやかで長い指。 もう生まれる前からベーシストってな感じの空気が醸し出まくっており、こんな素晴らしい表情でベースを弾くことなんて、アタシだったら3…

続きを読むread more

ジョー・ミーツ・ザ・リズム・セクション ジョー・ヴァン・エンキューゼン

Joe Meets The Rhythm Section/Joe Van Enkhuizen オランダのテナー奏者、ジョー・ヴァン・エンキューゼンがホレス・パーラン・トリオと共演したアルバム『ジョー・ミーツ・ザ・リズム・セクション』。 重くてアーシー、そしてキレとコクのあるホレス・パーランのピアノは、アルヘア・ウッド…

続きを読むread more

ディナー・ミュージック カーラ・ブレイ

Dinner Music/Carla Bley カーラ・ブレイといえば……。 近寄りがたいコワモテ女子。 たしかフリージャズ方面の人たちとも交流があったよね? アンサンブルも構築的で固そうな感じ? カーラ・ブレイを「聴かず嫌い」の人が抱きがちなイメージは上記の如くだと思うんだけど、そのような…

続きを読むread more

2015年ベストアルバム発表! ジャズ批評2016年3月号

ジャズ批評2016年3月号 じゃじゃ~ん! 2015年の「マイ・ベスト・ジャズ・アルバム」特集の『ジャズ批評』が発売されましたね。 じゃじゃ~ん! 表紙を飾るのはキアラ・パンカルディです。 これは店頭で目立つ! じゃじゃ~ん! もちろん「ジャズオーディオ・ディスク大賞2015」も掲載され…

続きを読むread more

小川隆夫氏の新刊と、ブラウニーのチェロキー

ジャズメン、ジャズを聴く/小川隆夫 速いパッセージを淀むことなく、 スラスラと吹けること。 力強く、かつ滑らかに吹かれるクリフォード・ブラウンのトランペットを聴くたびに、なんて流麗かつメロディアスなんだろうと嬉しい気分になってしまうのだけれども、ブラウニーの凄さは、それだけではなく「ビッグトーンで」淀みなく速いパッ…

続きを読むread more