ライツ・アウト ジャッキー・マクリーン

Light Out!/Jackie McLean プレスティッジのマクリーンは、正直、ハードバップ好きにとっては、どれもが似たような感じ、いや失礼!どれもが、素晴らしいのですが、この『ライツ・アウト』も同様で、マクリーン好きは是非とも持っていたい逸品ですね。 どうして、プレスティッジのマクリーンがいいのかというと、どの演奏も、というかほとんどすべてが、熱血か哀愁、あるいは、熱血と…

続きを読む

コンプリート・ブッカー・リトル

Complete Recordings/Booker Little おいおい、なんてこった。 ブッカー・リトルのリーダー作、 『ブッカー・リトル4・アンド・マックス・ローチ』、 『ブッカー・リトル』、 『アウト・フロント』、 『ブッカー・リトル・アンド・フレンド』の4枚分の曲が収録された2枚組が2000円もしないなんて。 昔に比べて今は良い時代になってきましたな。 …

続きを読む

ペン・オブ・クインシー ソニー・スティット

Pen Of Quincy/Sonny Stitt ソニー・スティットは、 それほど好きなアルト奏者ではないんだけれども、 このアルバムが好きなのは、 おそらくは選曲とアレンジの良さ、 そして、そのお膳立てに乗っかって 気持ちよく吹くスティットに魅了されるからなのかもしれない。 ▼収録曲 1. マイ・ファニー・ヴァレンタイン 2. ソニーズ・バニー 3. …

続きを読む

ジルベルト・ウィズ・タレンタイン

Gilberto with Turrentine タイトルを見るだけだと、「おっ!ゲッツの次は、今度はテナーサックスにスタンリー・タレンタインを迎えてのジャズテイスト溢れるボサノバアルバムか?!」って思うかもしれないんだけど、ちょっと違うんだよね。 同じテナーサックス、同じスタン(スタンリー)でも、アルバムのテイストはまったく違う。 アストラッド・ジルベルトとスタンリー・タ…

続きを読む

ライヴ・アット・ザ・キーストンコーナー テテ・モントリュー

Live At The Keystone Corner/Tete Montliew テテが、ベーシストにハービー・ルイス、ドラマーにビリー・ヒギンスを従えたトリオ演奏。 場所は、サンフランシスコの「キーストンコーナー」。 テテのピアノは、スティープルチェイスから出ている数々の演奏を聴けばお分かりのとおり(オススメは『テテ』!)、非常にエネルギッシュかる流麗なのですが、それに…

続きを読む

ルグラン・ジャズ ミシェル・ルグラン

Legrand Jazz/Michel Legrand 私はそれほど、このアレンジが優れているとは思わない。全体的に平凡だ。 (ジョージ・ラッセル) 演奏? そんなに面白くなかったな。 用意された譜面を吹いて、ソロを取っただけだ。 (マイルス・デイヴィス) このサウンドには影響は受けなかった。 そういうものかと思った程度だ。 (ギル・エヴァンス) 「…

続きを読む

オスカー・ピーターソン・トリオ・プレイズ

Oscar Peterson Trio Plays/Oscar Peterson 『ウィ・ゲット・リクエスト(邦題:プリーズ・リクエスト)』が好きな人にオススメ! ⇒『オスカー・ピーターソン・トリオ・プレイズ』 有名曲が目白押し! 《リル・ダーリン》もあるよ。 《シャイニー・ストッキングス》もあるよ。 《フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン》もあるよ。 《…

続きを読む

ヒア・カムズ アール・ハインズ

Here Comes/Earl Hines アール・ハインズの『ヒア・カムズ』。 《バーニーズ・チューン》を聴いてみよう。 強靭にうごめくエルヴィン・ジョーンズのブラッシュワークがまずは気持ち良い。 そして、同様にこれまた強靭! リチャード・デイヴィスの粘るベース。 このドラムとベースが形作るリズムだけでも聴けてしまうのに、これに乗っかるハインズのピアノも力強…

続きを読む

チェック・アウト・タイム オーネット・コールマン

Love Call/Ornette Caleman オーネット・コールマンの『ラヴ・コール』収録の《チェック・アウト・タイム》。 オーネットに次ぐデューイ・レッドマンのテナーサックスソロから俄然演奏が面白くなる。 加速してゆくリズム。 エルヴィンのシンバルワークがより一層鋭くシャープになってゆく。 鋭利なシンバルに、デューイの怪獣のような咆哮。 独特なムー…

続きを読む

Northsea Nights ジョー・パス&ニールス・ペデルセン

Northsea Nights/Joe Pass & Niels-Henning Orsted Pedersen 饒舌なペデルセンのベースが、かえってジョー・パスのギターの味わい深さを引き立てているのかもしれない。 それにしても、この2人、なんたるテクニシャン。 ギタリスト⇒口あんぐり w(゚ロ゚;w ベーシスト⇒口あんぐり w(゚ロ゚;w これ聴いて、…

続きを読む