小川隆夫氏の新刊と、ブラウニーのチェロキー

ジャズメン、ジャズを聴く/小川隆夫 速いパッセージを淀むことなく、 スラスラと吹けること。 力強く、かつ滑らかに吹かれるクリフォード・ブラウンのトランペットを聴くたびに、なんて流麗かつメロディアスなんだろうと嬉しい気分になってしまうのだけれども、ブラウニーの凄さは、それだけではなく「ビッグトーンで」淀みなく速いパッセージを吹き抜けること。 これ、トランペットという…

続きを読む