ウィーヴァー・オブ・ドリームス ケニー・バレル

Weaver Of Dreams/Kenny Burrell これぞ隠れケニー名盤! 歌うケニー・バレル、興味ないですか? しっとり甘く、まるで彼のギターのごとしなんですが、いや~、これが結構いけるのですよ。 ナット・キング・コール、とまではいかないですけれども、そのニュアンスには近い感じ。 つまり、し…

続きを読むread more

セロニアス・モンク&ジョン・コルトレーン カーネギー・ホール

Thelonious Monk Quartet with John Coltrane at Carnegie Hall マイルス黄金のクインテットに在籍していたころのジョン・コルトレーンは、まだスタイルの「確立期⇒試行錯誤期」であったため、特に『リラクシン』での演奏に顕著なんだけれども、自分が作り出そうとするスタイルを模索して…

続きを読むread more

アローン・トゥ・ロング トミー・フラナガン

Alone Too Long/Tommy Flanagan トミー・フラナガンのピアノ・ソロ・アルバムの『アローン・トゥ・ロング』。 出だしの《パリの大通り》がエレガントで素晴らしいのです。 この曲は、お馴染みバド・パウエルの作曲なのですが、パウエルが弾く、パリの香気が強烈に立ち込める高貴なピアノに比べると、トミフ…

続きを読むread more

ライヴ・イン・ボルチモア 1968 リー・モーガン&クリフォード・ジョーダン

Live in Baltimore 1968/Lee Morgan & Clifford Jordan こんな録音が残っていたとは! リー・モーガンとクリフォード・ジョーダンの汗水したたるライヴ! ピアノがジョン・ヒックスでしょ、 ベースがレジー・ワークマンでしょ、 ドラムスがエド・ブラックウェルでしょ。 …

続きを読むread more

ア・ハーフ・ムーン・ベイ ビル・エヴァンス

A Half Moo Bay/Bill Evans 『ワルツ・フォー・デビー』の《ワルツ・フォー・デビー》だけが、「ワルツ・フォー・デビー」ではないのだよ。 つまり、スコット・ラファロ参加の有名なリヴァーサイド盤に収録された《ワルツ・フォー・デビー》だけではなく、その後になっても、エヴァンスは何度も《ワルツ・フォー・デビ…

続きを読むread more