ブラッド・メルドーの《ソーラー》

Art of Trio 4: Back at the Vanguard イーストコーストのハードバップを聴き慣れた耳で、たとえば、ビル・エヴァンスやエンリコ・ピエラヌンツィのような白人ピアニストの演奏を聴くと? ⇒固い ⇒クラシック的なところがある そう感じる人も中にはいるかもしれません。 では、彼らを…

続きを読むread more

ガトー・バルビエリ 追悼記事

In Serch Of The Memory/Gato Barbieri 今月、4月2日にこの世を去った、テナーサックス奏者のガトー・バルビエリ。 彼に寄せる追悼原稿を、奄美大島の高良俊礼氏よりいただきましたので、「カフェモンマルトル」に掲載いたしました。 ▼こちらです 追悼:ガトー・バルビエリ 初期のアル…

続きを読むread more

ホリデイ 浜崎航&松本茜

ホリデイ/浜崎航&松本茜 「パーティジャズ」というジャンルがあるかどうかは分かりませんが、このアルバムに収録されている演奏は、パーティなど、楽しいひとときに流すと良いと思います。 腕を組んで一人でじっと聞き入るというスタイルよりは。 出来れば、生演奏で接したほうが良いかも。 アレンジは練りこまれたところは練り…

続きを読むread more

リー・モーガン『ラスト・アルバム』で聴けるエレクトリック・アップライトライト・ベース

The Last Sessions/Lee Morgan ジャパンのフレットレス奏者である故・ミック・カーン。 私は彼の特徴的なベースが大好きで、だからこそベースを始めたということがあるんですけれども、とにもかくにもミック・カーンのベースは独特なんですよ。 フレットレスの特性を活かした大胆なスライドや、音程を揺らす…

続きを読むread more

イン・アクション J.R.モンテローズ

In Action/JR Monterose 思わず、香りの強いコーヒーをいれて飲みたくなる! そんなジャケットと音です。 オリジナルのレコードは、なんと数百枚しかプレスされていなかったのだそうです。 まさに「幻の名盤」だったんですね。 それをCDで気軽に聴けるなんて、なんて素晴らしい時代に僕らは生きて…

続きを読むread more