ブラッド・メルドーの《ソーラー》

Art of Trio 4: Back at the Vanguard イーストコーストのハードバップを聴き慣れた耳で、たとえば、ビル・エヴァンスやエンリコ・ピエラヌンツィのような白人ピアニストの演奏を聴くと? ⇒固い ⇒クラシック的なところがある そう感じる人も中にはいるかもしれません。 では、彼らを聴き慣れた耳で、今度はブラッド・メルドーを聴くと? ⇒…

続きを読む

ガトー・バルビエリ 追悼記事

In Serch Of The Memory/Gato Barbieri 今月、4月2日にこの世を去った、テナーサックス奏者のガトー・バルビエリ。 彼に寄せる追悼原稿を、奄美大島の高良俊礼氏よりいただきましたので、「カフェモンマルトル」に掲載いたしました。 ▼こちらです 追悼:ガトー・バルビエリ 初期のアルバム『イン・サーチ・オブ・ザ・メモリー』について書かれておら…

続きを読む

『ホリデイ』(浜崎航&松本茜)で楽しいひとときを!

ホリデイ/浜崎航&松本茜 「パーティジャズ」というジャンルがあるかどうかは分かりませんが、このアルバムに収録されている演奏は、パーティなど、楽しいひとときに流すと良いと思います。 腕を組んで一人でじっと聞き入るというスタイルよりは。 出来れば、生演奏で接したほうが良いかも。 アレンジは練りこまれたところは練り込まれているけれども、メンバーのコンビネーションが一体化して…

続きを読む

リー・モーガン『ラスト・アルバム』で聴けるエレクトリック・アップライトライト・ベース

The Last Sessions/Lee Morgan ジャパンのフレットレス奏者である故・ミック・カーン。 私は彼の特徴的なベースが大好きで、だからこそベースを始めたということがあるんですけれども、とにもかくにもミック・カーンのベースは独特なんですよ。 フレットレスの特性を活かした大胆なスライドや、音程を揺らすような奏法。 さらに、ヴォーカルのメロディに張り合うか…

続きを読む

イン・アクション J.R.モンテローズ

In Action/JR Monterose 思わず、香りの強いコーヒーをいれて飲みたくなる! そんなジャケットと音です。 オリジナルのレコードは、なんと数百枚しかプレスされていなかったのだそうです。 まさに「幻の名盤」だったんですね。 それをCDで気軽に聴けるなんて、なんて素晴らしい時代に僕らは生きているんだ!  ̄∇+ ̄)vキラーン モンテローズが…

続きを読む

ボレロの夜~ビリー・ホリディに捧ぐ ブライアン・リンチ・アフロ・キューバン・ジャズ・オーケストラ

Bolero Nights/Brian Lynch And Afro Cuban Jazz Orchestra ブライアン・リンチ・アフロ・キューバン・ジャズ・オーケストラの秀作。 ドルフィー&リトルの名演で有名な《ファイアー・ワルツ》が、なんとラテンアレンジで聴けるんです! これはこれで、なかなか面白いですね。 ビリー・ホリデイ目的で聴き始めたら、意外なところでツボ…

続きを読む

タウンホール ビル・エヴァンス

Bill Evans at Town Hall 『アット・タウン・ホール』で味わうことが出来るビル・エヴァンスのピアノの表情は、他のアルバムにはないニュアンスをたたえていると思います。 もちろん出てくるフレーズやハーモニーは、いつものエヴァンスと変わることはないのかもしれませんが、音の勢いというか表情ね。 悲しみと怒りがないまぜになっているような、そしてそのような感情が…

続きを読む

I Walk a Little Faster キアラ・パンカルディ

I Walk a Little Faster/Chiara Pancaldi 最近注目のジャズ・ヴォーカリスト、 キアラ・パンカルディの新作。 サイラス・チェスナット(p) 、 ジョン・ウェバー(b) 、 ジョー・ファンズワース (ds) この面子だけでも、聞いてみたくなりませんか? ▼収録曲 1. Wouldn't It Be Loverly …

続きを読む

エンジェル・アイズ デューク・ピアソン

Angel Eyes/Duke Pearson 「幻の」というと大袈裟かもしれませんけど、多くのジャズファンはあまり耳にしていないことが予想されるデューク・ピアソンのピアノ・トリオです。 メロディアスなナンバーが、次々と奏でられていきます。 ただし、単にキャッチーで甘い演奏に終始しないところが、アレンジャーとしても秀逸な才能を発揮したピアソンならではの料理技が冴えているとこ…

続きを読む

マイ・コンセプション ソニー・クラーク

My Conception/Sonny Clark ソニー・クラーク好き、というよりは、ハードバップ好きは、ぜひとも持っていたい素晴らしい1枚です。 ドラムスでいえば、アート・ブレイキーがドラムを叩いているセッションと、後半の3曲はピート・ラロカが叩いているセッションと分かれてはいますが、ハードバップのオイシさは薄れることはまったくないのです。 特に、やっぱりカナメとなるの…

続きを読む