『52丁目のチャーリー・パーカー』評

Bird on 52nd Street/Charlie Parker 『52丁目のチャーリー・パーカー』を「カフェモンマルトル」にアップしました。 ▼こちらです 52丁目のチャーリー・パーカー/チャーリー・パーカー ジミー・ネッパー(tb)がプライベートで録音したものが音源化されたものです。 音質は悪いのですが、躍動、飛翔するパーカーの魅力は、ノイズを飛び越えて、こ…

続きを読む

ディレクションズ マイルス・デイヴィス

Directions/Miles Davis いや~、盲点でした。 マイルス・デイヴィスの『ディレクションズ』。 なかなか手が伸びないアルバムの1枚だったんですが、たしかに内容は充実、面白い。 奄美大島「サウンズパル」の音のソムリエ・高良俊礼さんより、マイルスの『ディレクションズ』評をご寄稿いただきました。 ▼こちらです(・∀・)b マイルス・ディヴィス …

続きを読む

ドン・フリードマン評

Flash Back/Don Friedman ドン・フリードマンの『フラッシュバック』評を個人サイト・カフェモンマルトルにアップしました。 ▼こちらです フラッシュバック/ドン・フリードマン 《サークル・ワルツ》のイメージで聴くと、 肩透かしを食らうかも? ラストのタイトル曲を聴けば、 ナイーブなピアノのイメージが覆されるかもしれません。 もっとも、他の…

続きを読む

途中でヘタる感じがなんともいえないロリンズの《ノン・センツ》

Don't Stop The Carnival/Sonny Rollins ヘバっちゃうんですよね、演奏のところどころで。 特にメンバーの誰というわけでもないけれども、ヘタってしまう瞬間が重なると、ほんの一瞬だけなんですが、「はぁ、よっこらしょ」な雰囲気が醸しでちゃんですよ。 ソニー・ロリンズの『ドント・ストップ・ザ・カーニヴァル』収録の《ノン・センツ》が特にそれが顕著。 …

続きを読む

クリフォード・ジョーダンの《ラッシュ・ライフ》が素晴らしい!

Spellbound/Clifford Jordan 《ラッシュ・ライフ》といえば、コルトレーンを思い出す人も多いと思います。 コルトレーンのバラード表現はあまり好きではない私ですが、素朴な味わいが、ふうわりと醸しでるアルバム『ラッシュ・ライフ』に収められた《ラッシュ・ライフ》は嫌いではありません。 しかし、コルトレーンの《ラッシュ・ライフ》もいいけれど、クリフォード・ジョ…

続きを読む

コルトレーンの猛成長っぷりがスゴい! この2枚を聴き比べてみよう!

Jazz At The Plaza vol.1/Miles Davis 「ヘロヘロ」から「ブリブリ!」へ。 コルトレーンの猛成長っぷりを体感し、唖然とし、口をアングリと空けてみたい方は、《イフ・アイ・ワー・ア・ベル》をチェック曲にしてみると良いでしょう。 最初に『リラクシン』の同曲を聴いた後、『ジャズ・アット・ザ・プラザ vol.1』の同曲を聞いてみましょう。 リ…

続きを読む

ハービー・ハンコック パーフェクト・マシーン評

Perfect Machine/Herbie Hancock ハービー・ハンコックの『パーフェクト・マシーン』評をアップしました。 ▼こちらです パーフェクト・マシーン/ハービー・ハンコック オーストラリアのシンセ、フェアライトCMIが大活躍のアルバムです。 硬質な音色だけでも、興奮して聴けちゃう1枚ですね。 ご機嫌なエレクトロファンクです。 (・∀・)b …

続きを読む

ビヨンド・ザ・ブルーバード トミー・フラナガン

Beyond The Bluebird/Tommy Flanagan & Kenny Burrell トミー・フラナガンとケニー・バレル。 この2人の共通点は? ⇒デトロイト出身 同郷の2人によりリラックスした音の会話、それが『ビヨンド・ザ・ブルーバード』。 録音は1990年。 トミー・フラナガンが昔から演奏していたクラブ「ブルーバード」でのライブ。 フラナ…

続きを読む

リユニオン・ブルース オスカー・ピーターソン&ミルト・ジャクソン

Reunion Blues/Oscar Peterson & Milt Jackson 溌剌、爽快! ミルトとピーターソンの『リユニオン・ブルース』。 久々に聴きましたが、 やっぱりいいですね。 冒頭の《サティスファクション》が始まって 数秒後には、鬱な気分が一新されることでしょう。 メリハリあって涼やかで。 音も鮮やかな輪郭で、パワフル。 …

続きを読む

ザ・ジェントル・サイド・オブ・ジョン・コルトレーン

The Gentle Side of John Coltrane 個人的にはコンピレーションものはほとんど聞かないのだけれども、あのマイケル・カスクーナが編纂したとなると、ちょっと興味が湧きますね。 いちおう、我が家のiTunesには、全曲はいっているので、この順番で聴いてみようかなと考えているところです。 曲の並びが変わるだけでも、ずいぶんと印象が変わりますからね。 …

続きを読む