イナー・ファイアーズ バド・パウエル

Inner Fires/Bud Powell おそらくバド・パウエル本人は、 いつもの調子で、 いつものピアノを弾いているだけなのだろうけど、 やっぱりバド・パウエルが弾く 《バードランドの子守歌》は、 どこかダークな色彩がつきまとっている。 エロール・ガーナの《ミスティ》同様に、 誰が歌っても、誰が演奏しても、 そこそこ良い出来に聴こえてしまう曲、《バ…

続きを読む

カー雑誌のコラムに執筆中

どういう風の吹き回しか、 クルマの雑誌のコラムを依頼されまして、 現在、来月発売予定の号に掲載される予定の、 夏のドライブに聴く音楽10選の原稿を現在書いています。 というか、先日、ドバーッと「本能」で書いて、 現在、見直し中といった感じです。 面白いことに、「本能」でセレクトした音源の中には、 ジャズがほとんどない! w(゜ロ゜;w や…

続きを読む

ジョン・コルトレーン『ワン・ダウン・ワン・アップ』評

狭いぞ、ハーフノート!(・∀・)b 奄美大島在住、音のソムリエの 高良俊礼さんより、 ジョン・コルトレーンの『ワン・ダウン・ワン・アップ』評を御寄稿いただきました。 ▼こちら ジョン・コルトレーンの『ワン・ダウン・ワン・アップ』 うん、確かに熱い、暑い、 ……暑苦しい!? しかし、この真夏には、 この暑苦しさ(熱苦しさ)が、 かえって激烈気持ち…

続きを読む

ジン & オレンジ/ジャック・マクダフ

Gin & Orange/Jack McDuff 身体が勝手に揺れ動く! グルーヴしまくる、ノリノリ無名盤。 これからの暑~い季節に ビール片手に(酎ハイやカクテルでもいいけど) レッツご機嫌! マクダフのオルガン ⇒ゴキゲン(・∀・)b ドラムも良か~と思ったら、 モーリス・ジェニングスなんですね。 アース・ウィンド・アンド・ファイア…

続きを読む

モア・パワー! デクスター・ゴードン

More Power!/Dexter Gordon 地味なジャケットからくるイメージもあるかもしれないけれども、 あまり聴かれていないアルバムなんですよね。 それ以前に、あまり知られていないアルバム? しかし、 中々良いのですよ。 ジェームス・ムーディとの2テナーで繰り広げる演奏。 《レディ・バード》なんて、なかなか良いですよ。 デック…

続きを読む

JAZZ JAPAN Vol.71 ガンダム・サンダーボルト

ガンダムは好きなんだけど、 というよりガンプラが好きで、 ブログも作っているほどなんだけど(⇒こちら)、 それなのに、 なぜか「ジャズ雑誌」の表紙がガンダムになってしまった途端、なんだか気持ちが萎えてしまうのは、ジャズファン特有の天邪鬼根性、いや、私特有のヒネクレ根性なのかな~、と。 JAZZ JAPAN(ジャズジャパン) Vol.71 「機動戦士ガン…

続きを読む

オーネット! オーネット・コールマン

Ornette!/Ornette Coleman 『フリー・ジャズ』以外でのラファロとオーネットの共演! スコット・ラファロもオーネット・コールマンも軍を抜く個性の持ち主。 そのような二人がぶつかり合うと?! 案外、マトモなジャズになりましたw。 ただし、刺激たっぷりの演奏。 なにか目の前の視界が広がってゆくような開放感もあります。 録音…

続きを読む

トロンボーンが参加するとしないとでは、サウンドに想像以上に大きな変化をもたらすのだ。

トロンボーンがアンサンブルに加わると、 サウンドが肉厚になると同時に、円やかな暖かみも加わるから良い。 とくに、 トランペット、サックス、トロンボーン という、3つの管が合体して生み出される ユニゾン、およびハーモニーには、 重厚で威風堂々としながらも、 威張りすぎない温もりも感じる。 トランペットとサックスの組み合わせだけでは、決して生まれ得ないコクが、…

続きを読む

sponsored link
  • SEOブログパーツ