ジャズ批評 ビートルズジャズ特集

ジャズ批評 2016年09月号 最新号の『ジャズ批評』誌の特集は ビートルズジャズ特集。 「わたしの好きなビートルズの曲、ビートルズジャズ」のアンケートに寄稿させていただいています。 (・∀・)b 個人的には、コルトレーン来日50周年記念特集が面白かった。 けっこう興味深い話が多くて、 ジミー・ギャリソンが昼から酒を飲んでいる話や、 ファラオ・サン…

続きを読む

デュクレテ・トムソンのズート・シムズ

Zoot Sims On Ducretet Thomson マニアも入門者も 1曲聴けば 「うーん、ジャズってやっぱりいいなぁ」と 思わずため息をもらしてしまう。 「ため息漏らし度」ナンバーワンのアルバムかも? パリを訪れたズートが、 デュクレテ・トムソンというレーベルに吹き込んだアルバム。 肩の力の抜けたズートの演奏。 こちらのリラ…

続きを読む

キャンディド・ドルフィー/エリック・ドルフィー、チャールス・ミンガス

Candid Dolphy/Eric Dolphy 《リーンカネーション・オブ・ア・ラヴ・バード》。 ミンガス屈指の名曲だと思うんですよね。 ミンガス特有の哀感と、分厚い濁り。 これを伸長させているのが、やっぱりドルフィーのプレイ。 「キャンディド」は、ミンガスが立ち上げたレーベル。 そのキャンディドに吹き込んだドルフィー参…

続きを読む

キューン/ラファロ1960 スティーヴ・キューン&スコット・ラファロ

Kuhn/LaFaro 1960/Steve Kuhn & Scott LaFaro スコット・ラファロ好き、 ラファロの音源をもっと聴きたい!という ラファロ好きは必聴の音源でしょう。 しかし、逆に言えば、 特に、めちゃくちゃラファロ好きではない人は 無理して手を出す必要もないかも。 ドラムがピート・ラロカ。 ピアノがスティーヴ・キューン。 …

続きを読む

ブルース・イン/『モダン・アート』アート・ペッパー

Modern Art/Art Pepper 1曲目の《ブルース・イン》。 ベン・タッカーのベースを追いかけるだけでも、楽しい。 アート・ペッパーの繊細なアルトも、 自動的に するすると耳にしみ込んでくる。 (・∀・)b ペッパーのアルトは、 語尾がふんわりと切ない。 ▼レビューはこちらです モダン・アート/アート・ペッパー …

続きを読む

『ベストカーPLUS』に音楽コラムを書きました。

クルマ雑誌『ベストカープラス』に、 音楽コラムを書きました。 夏におすすめの10曲。 ジャズだけではなく、 80年代のテクノから、 最近の音楽まで、 なるべくジャンルがかぶらないよう 色いろな音楽を選ばせていただいています。 題して「“エンドレスサマー”な音楽10」。 8月も半ばを超えると、過行く夏が惜しまれ、切ない気分に包まれる。 この季…

続きを読む

ジャンゴ/モダン・ジャズ・カルテット

DJANGO/Modern Jazz Qurtet 久々にMJQの《ジャンゴ》が聴きたくなったので聴いてみた。 沈鬱なテーマ。 哀しみのムードがピン!とした緊張感とともに演奏全体を覆っている。 しかし、ミルト・ジャクソンがソロを取り始めた瞬間、 ピン!と張りつめていたムードが、 少しほぐれるんですよ。 もちろん、演奏全体の哀しみのトーンは変わらずなんです…

続きを読む

ア・デイ・イン・ザ・ライフ/ウェス・モンゴメリー

A Day In The Live/Wes Montgomery 原曲が湛える特有の気怠さはないんだけれど、 これはこれで良いのではないか?な、 《ア・デイ・イン・ザ・ライフ》。 あ、あと、ビートルズ・ナンバーでは、 《エリナ・リグビー》も演っていますね。 『夢のカリフォルニア』とともに、 ウェス晩年の傑作です。 イージーリスニング…

続きを読む

コルトレーン・ライヴ・イン・ジャパン評

Live In Japan/John Coltrane 今年はビートルズ来日50周年だけれど、 忘れてはいけない! 今年は、コルトレーンの来日50周年の年でもあるのだよ。 というわけで、 コルトレーンの『ライヴ・イン・ジャパン』評をアップしました。 ▼こちらです。(・∀・)b ライヴ・イン・ジャパン/ジョン・コルトレーン 熱い!暑い!暑苦し…

続きを読む

ミンガスの一本指奏法

真似するとこうなる? 個人サイト「カフェモンマルトル」に、 記事「ミンガスの一本指奏法」をアップしました。 ▼こちらです(・∀・)b ミンガスの一本指奏法 ミンガスの音色、トーンは やっぱり同時代の他のベーシストと比較しても、 かなり独特なんですね。 どうしてかな?と考えながら書きました。 ▼《フロイトの母》の安定感は、やっぱり異常?! …

続きを読む

ライヴ '80 ~最後のヨーロッパ~ Live ビル・エヴァンス

ライヴ '80 ~最後のヨーロッパ~ Live 最近は晩年のエヴァンスにハマってるんですよね~。 1980年。 フレーズや、ドラムスやベースとの絡みといった技術的なことよりも、 勢い、 情動、 熱さ、 そっちのほうに最近ヒリヒリするほうが好き。 ヤケドしそうな熱~い美しさが すごい勢いで迫ってくるのです。 ▼収録曲 ディスク:1 1. リ・…

続きを読む

I Love You (Sweetheart Of All My Dreams)

Monk./Thelonious Monk モンクのピアノソロ、 《アイ・ラヴ・ユー》のが心に染みる。 特に、真夏の太陽が照り付ける朝。 暑い一日を予感させる空気の中、 セロニアス・モンクの『モンク.』収録の 《I Love You (Sweetheart Of All My Dreams)》が いいのです。 モンクがピアノ1台で心をこめて演奏をしてい…

続きを読む

『ビジネスマンのための(こっそり)ジャズ入門』←執筆中のジャズ本、タイトル決定!

現在執筆中のジャズ入門書のタイトルが決定しました。 『ビジネスマンのための(こっそり)ジャズ入門』。 (・∀・)b これ、担当編集者氏がつけてくれたタイトルなんですが、 このカッコでくくった、 (こっそり) が、なかなかツボで気に入っています。 ほんと、「こっそり」な感じが出ていますね。 そう、こっそり読む本なのであります。…

続きを読む

秋にジャズ本出します。

現在、本、執筆中。 せっせと書き書き中。 と行きたいところなのですが、 なかなか進まん……。 (-。-)y-゜゜゜ いろいろありーので、 ブログの更新が滞っていてスイマセン。 <(_ _)> 本のタイトルはまだ未定ですが、 内容は、ジャズの入門書です。 発売する出版社(版元)は、 シンコーミュージックさんです。…

続きを読む

sponsored link
  • SEOブログパーツ