イベントレポートがアップされました!

先日、ジャズ喫茶「いーぐる」でおこなわれました 『ビジネスマンのための(こっそり)ジャズ入門』発売記念イベントのレポートが、 シンコーミュージックさんのホームページにアップされました。 ▼こちらです 刊行記念レポート よろしければご覧になってください。 (・∀・)b

続きを読む

セロニアス・モンク『プレイズ・デューク・エリントン』評

Plays Duke Ellington/Thelonious Monk セロニアス・モンクの『プレイズ・デューク・エリントン』評をアップしました。 ▼こちらです プレイズ・デューク・エリントン/セロニアス・モンク 夜に聴くとじんわりと染みてくる。 オスカー・ペティフォードの暖かくて太くて柔らかいベースの音色、 そして、このような極上の音色で奏でられる 安定…

続きを読む

ロードゲーム/アート・ペッパー

Roadgame/Art Pepper あまり有名ではないかもしれないけれども、 一度聴けば染みてくる! 後期アート・ペッパーの知られざるライブ盤です。 演奏場所はL.A.のライブハウス「メイデン・ヴォヤージ」。 この時期のペッパーのアルトには、 ジョージ・ケイブルスのピアノがピタリとハマりますね。 ▼収録曲 1. Spoken Introduct…

続きを読む

デュオ/橋本一子 & 中村喜郎

duo/橋本一子 & 中村喜郎 ピアニスト&ヴォーカリストの橋本一子さんと、 日本のボサノバ界の第一人者の中村喜郎氏のアルバム、 『duo』評をアップしました。 ▼こちら デュオ/橋本一子 & 中村喜郎 しっかりボサノバでありながらも、 ボサノバに新しい息吹が吹き込まれている瑞々しい演奏を楽しめます。 これはオススメ! ▼収録曲 1. Ela …

続きを読む

『ビジネスマンのための(こっそり)ジャズ入門』著者(自ら)レビュー

先日発売された拙著『ビジネスマンのための(こっそり)ジャズ入門』に関して、 著者自らが(?)、レビューを書いてみました。 ▼こちらです ジャズ喫茶「いーぐる」後藤雅洋マスターの影響をモロに受けています/ビジネスマンのための(こっそり)ジャズ入門 ゲラチェックの段階で気づいたのですが、 ジャズ喫茶「いーぐる」の後藤雅洋マスターの影響をかなり受けています。 ま…

続きを読む

リトル・ブロークン・ハーツ/ノラ・ジョーンズ

ノラファンからもスルーされている感のあるアルバムだけれども……。 ノラ好きは、ノラにしっとり感を求めているのかな? ま、このアルバムの曲も、 しっとりまったりではあるのですが、 ジャケからくるイメージと、 エフェクトで加工された音作りから イメージ⇒「洋楽」っぽく感じるのでしょうね。 しかし、 この作品はこの作品で、 なかなかだと思うのですが。 …

続きを読む

トラヴェリング・マイルス/カサンドラ・ウィルソン

Traveling Miles/Cassandra Wilson 今あらためて聴いてみると、 あらためて良いな~と感じる カサンドラ・ウィルソン、18年前の録音。 ダークでコクがあって深い! 再発されるのは、マイルス映画の公開に合わせてかな? ▼収録曲 1. ラン・ザ・ヴードゥー・ダウン 2. トラヴェリング・マイルス 3. ライト・ヒア…

続きを読む

「いーぐる」での出版イベント、無事終わりました

先日、ジャズ喫茶「いーぐる」で開催された 拙著『ビジネスマンのための(こっそり)ジャズ入門』の発売記念イベント、 無事終了いたしました。 ご来場いただきました皆さまには感謝です。 本当にありがとうございました。 <(_ _)> 司会の村井康司さんとは話が盛り上がり、 私自身、とても楽しめました。 村井さんとは事前打ち合わせ…

続きを読む

紹介動画~『ビジネスマンのための(こっそり)ジャズ入門』

いよいよ、明日! 四ツ谷のジャズ喫茶「いーぐる」にて、 拙著『ビジネスマンのための(こっそり)ジャズ入門』の 発売記念イベントが開催されます。 「ジャズ喫茶がはじめてだ~怖いよ~」という方も いらっしゃると思いますが、 怖くないので、お気軽にいらしてください。 ▼ジャズ喫茶「いーぐる」 http://www.jazz-eagle.com/ 11月12…

続きを読む

Living Without Friday/山中千尋

Living Without Friday/山中千尋 個人的には、澤野工房時代の山中千尋が好きだ。 つまり、初期のアルバム。 そして、これが知る人ぞ知る(?)デビュー作。 みずみずしいピアノ、 勢いとアイデアに溢れている。 中島みゆきの《砂の船》も演ってます♪ ▼収録曲 1. Beverly 2. Girl From Ipanema 3. …

続きを読む

ソニー・クリスの『ソニーズ・ドリーム』評

Sonny's Dream/Sonny Criss ソニー・クリスの『ソニーズ・ドリーム』評をアップしました。 ▼こちらです('ω')ノ ソニーズ・ドリーム/ソニー・クリス 10人編成の大所帯。 「ニュー・バース・オブ・ザ・クール」というサブタイトルからも、 マイルスの『クールの誕生』を意識したアルバムだということがわかります。 しかし、個人的には、…

続きを読む

『ビジネスマンのための(こっそり)ジャズ入門』制作ウラ(?)話

いよいよ、拙著『ビジネスマンのための(こっそり)ジャズ入門』の 発売イベントが今週末の土曜日と迫ってきました。 ジャズ初心者の皆さんも、お気軽に四ツ谷まで足をお運びください。 場所は、四ツ谷のジャズ喫茶「いーぐる」です。 このイベントの際に色々と話そうと思っていることがあるのですが、 時間の関係で、全部話すのは到底無理だと思い (音楽もかけるつもりですから…

続きを読む

スウィート・ファイヤー/ローランド・カーク

Sweet Fire/Roland Kirk ローランド・カークの『スウィート・ファイヤー』評をアップしました。 ▼こちらです スウィート・ファイヤー/ローランド・カーク パーカーそっくりの《マイ・リトル・スウェード・シューズ》。 大快楽の《マイ・シェリー・アモール》などなど、 「気持ちぃ良か~」が連続のライヴアルバムなのです。

続きを読む

ユセフ・ラティーフの『ジャズ・ムード』評

Jazz Mood/Yusef Lateef テナーサックス、オーボエ、フルート奏者のユセフ・ラティーフ。 彼の隠れ名盤に『ジャズ・ムード』というアルバムがあるのですが、 これ、ジャズのムードというよりは、 エスニック色漂うアルバムです。 このアルバム評を「カフェモンマルトル」にアップしました。 ▼こちらです ジャズ・ムード/ユセフ・ラティーフ エスニ…

続きを読む

ザ・キャッツ/トミー・フラナガン&ジョン・コルトレーン

The Cats/Tommy Flanagan & John Coltrane 艶やかに演奏に色を添えるケニー・バレルに、確かなタッチで共演者を鼓舞し、なおかつ自身の存在もイヤミなくアピールするトミー・フラナガンのピアノが素晴らしい。 ベースにダグ・ワトキンス、ドラムにルイス・ヘイズと、ハードバップでは一流クラスの豪華な顔あわせ。 聴きやすさはもちろんだが、それにとどま…

続きを読む

ウェイン・ショーター『スピーク・ノー・イーヴル』評

Speak No Evil/Wayne Shorter 奄美大島「Sounds Pal」の高良俊礼氏より、 ウェイン・ショーターの『スピーク・ノー・イーヴル』評をご寄稿いただき、 個人サイトの「カフェモンマルトル」に早速アップいたしました。 題して「ウェイン・ショーターの神経毒」。 w(゚ロ゚;w ▼こちらです http://cafemontmartre.tok…

続きを読む

アット・ストリーヴィル/チャーリー・パーカー

At Storyville/Charlie Parker するすると心地よく「歌い」つつも、 どこかほんのり翳りのある《アウト・オブ・ノーホエア》。 明瞭闊達なれど、 そこはかとなく「佗・寂(わび・さび)」を感じてしまう 《ドント・ブレイム・ミー》。 澄み渡る秋空、 『アット・ストリーヴィル』のパーカーのアルトサックスが 胸に染みてくるのです。 …

続きを読む

地味にスゴイ!モブレイ

地味にスゴイ!テナーサックス奏者、 ハンク・モブレイについて、個人サイト「カフェモンマルトル」に短評を書きました。 ▼こちらです 地味にスゴイ!テナーサックス奏者 ハンク・モブレイ よろしければ、ご覧になってください。 (・∀・)b

続きを読む

sponsored link
  • SEOブログパーツ