アット・ストリーヴィル/チャーリー・パーカー

At Storyville/Charlie Parker するすると心地よく「歌い」つつも、 どこかほんのり翳りのある《アウト・オブ・ノーホエア》。 明瞭闊達なれど、 そこはかとなく「佗・寂(わび・さび)」を感じてしまう 《ドント・ブレイム・ミー》。 澄み渡る秋空、 『アット・ストリーヴィル』のパーカーのアルトサックスが 胸に染みてくるのです。 …

続きを読む