コルトレーンのバックでドラムを叩くピート・ラロカのドラミング

Live at the Jazz Gallery 1960 奄美大島在住の「音のソムリエ」高良俊礼さんより、 ご寄稿いただきました。 こちらです(・∀・)b ↓ ジョン・コルトレーンとピート・ラロカのドラミング エルヴィン・ジョーンズとは全く違うピート・ラロカのドラミング。 インパルスなどの後期のコ…

続きを読むread more

ヤヴァかっこ美しいJRモンテローズ

In Action/J.R.Monterose 幻の名盤! ジャケット良し、 もちろん音も良し! ブルーノートのモンテローズも独特の味わいだけれども、 こちらのモンテローズのテナーは「美」。 で、むんむんとジャズなテイスト! 以前も紹介した記憶があるけれども、 やっぱりこのアルバム…

続きを読むread more

『ソロ・モンク』が表紙の『文春』

そういえば、渡辺謙の浮気が報じられている『週刊文春 7/13号』の表紙は、『ソロ・モンク』でした。 週刊文春 7月13日号[雑誌] いつみても味わいのあるジャケットです。 モンクのピアノの音が聴こえてきそうなジャケット。 個人的には、このジャケットを見た瞬間、 《ダイナ》や《ルビー・マイ…

続きを読むread more

フルート奏者・Miyaさんの「A Story of Jazz」7/21(金)

Miya ( Flute ) × 寳玉義彦 (詩人・ナビゲーター)がお送りする フルート一本で世界遺産クラスのジャズの巨人の魂と対峙する フルートソロパフォーマンスとトークライブ! 今回はセロニアス・モンクについて取り上げるそうです。 日時:7/21(金) 会場:横浜市大倉山記念館 第五集会室 …

続きを読むread more

グリフィンのイントロデューシング

快速ブロブロ! ブローしまくるテナーマンの第一人者といえば、 やっぱり、ジョニー・グリフィン! ジョニー・グリフィンの『イントロデューシング』評を 音のソムリエ・高良俊礼氏より ご寄稿いただきました。 ▼こちらです♪ 最強のジャズ・テナー、ジョニー・グリフィン …

続きを読むread more