直立猿人のラヴ・チャント

決シテ朝カラ聴カナイデクダサイ。。。 もうすでに過去に何度も書いていることかもしれないけれど、 ミンガス『直立猿人』のラストナンバー《ラヴ・チャント》が大好きだ。 14分の長尺演奏の冒頭を飾る マル・ウォルドロンのピアノのリフレイン。 このメランコリックで、重たく、 曇り空を想起させる、無骨でちょっと不機嫌なピアノの音型が、 この曲のムードを決定付けている。…

続きを読む

マイルスの自叙伝を英語で読もう!

多くのジャズファンの皆さんは、 中山康樹氏・訳の 『マイルス・デイヴィス自叙伝』をお読みになっていると思いますが、 英語で書かれた原書は読まれていないと思います。 英語が苦手、 英語で読むのが面倒くさい。 いえいえ、私も英語が苦手だし、英語を読むのが面倒な人なのですが、 『マイルス自伝』だけは例外。 面白くスリリングでサクサク読めるのです。…

続きを読む