ホレス・パーランの《シンシアズ・ダンス》についてをアップしました。

スティープル・チェイスにホレス・パーランが残した『ブルー・パーラン』といえば、ミンガスの《グッドバイ・ポークパイハット》や、モンクの《モンクス・ムード》が代表的ナンバーのアルバム。 重たくメランコリックですね。 なので、アーシーでブルージーなアルバムと、思っていたら、そうではないナンバーもあるんですね。 それが、これ! 《シンシアズ・ダンス》。 『ブルー・パーラ…

続きを読む

綺麗に溶け合うハッチャーソンとハンコック

ボビー・ハッチャーソンの『オブリーク』のタイトル曲《オブリーク》。 ハッチャーソンのマレットが叩きだすこのスピード感! メカニカルかつ精緻なフレーズが美しく光る。 そして後に続くハンコックのピアノもこれまたメカニカルかつ精緻。 ハッチャーソンのヴァイブはハンコック的でもあり、また、ハンコックのピアノはハッチャーソン的でもある。 つまり、両者の相性は双子のよう…

続きを読む