『スイングジャーナル時代の中山康樹』はページをめくる手が快速快速、絶頂本なのである!

私は中山康樹氏が『スイングジャーナル』を退社して、ソロで執筆活動をはじめてからジャズを聴き始めた人間なので、残念ながら、中山氏が編集長時代の『ジャーナル』はリアルタイムで読んでいませんでした。 なので、『ジャーナル』時代の中山氏のテキストは読んだことがありませんでした。 そんな私のような遅い「ジャズ聴きデビュー」をした人間で、なおかつ中山氏のファンにとっては、最近発売され…

続きを読む