トケビ カン・テーファン

ちょっと強引かもしれないけれど、 カン・テーファン、アルバート・アイラー説? を、動画で語ってみました。 韓国の伝統音楽と旋律、民族楽器…… 自らのルーツに立ち返った フリージャズ・アルトサックス奏者、姜泰煥(カン・テーファン)の おすすめアルバム、『鬼神(トケビ)』です。 ピュアな内面のエネルギーの発露に耳を傾けてみよう! …

続きを読む

タル・ファーロウ・カルテット

タル・ファーロウの初リーダー作、 『タル・ファーロウ・カルテット』について語った動画をアップしました。 2ギターにベース、ドラムという珍しい編成で、 もう1人のギターは、ドンアーノン。 ギターの名手、2人が奏でる、 緊密なアンサンブルと、 確かなテクニック。 味わい深い演奏の連続です。 それにしても、粒立ちがはっきりとした タルのギターはやっ…

続きを読む

ベース名盤でもあるジュニア・マンスの『ジュニア』

先日、ピアニスト、ジュニア・マンスの初リーダー作、 『ジュニア』について語った動画を YouTubeにアップしました。 レイ・ブラウンのベースもいいんだよ~的なことを 話したと思うんですが、 コメントには、やはり、同じ意見の方からの書き込みがあったり、 中には「レイ・ブラウンがリーダーのアルバムとして聴いている」という方もいらっしゃったりもしました。 も…

続きを読む

チャーリー・パーシップ・アンド・ザ・ジャズ・ステイツメン

ぱしん!ぱしん!←スネアの音 とにかく、音数多し! これでもか、これでもかと、 パシン、パシン! チキン、チキン!←シンバルトップの音 ドラマー、チャーリー・パーシップのリーダー作 『チャーリー・パーシップ・アンド・ザ・ジャズ・ステイツメン』は、 ドラムを聴くアルバムでしょうね。 とにかく、音数多いんだから。 フレディ・ハバードも参加…

続きを読む