バリー・ハリスのピアノトリオ名盤『プレイズ・タッド・ダメロン』

バリー・ハリスのピアノトリオ、 『プレイズ・タッド・ダメロン』のレビューをアップしました。 ▼こちら プレイズ・タッド・ダメロン/バリー・ハリス また、解説の動画もアップしています。 これ、なかなかの名盤だと思います。 丁寧かつ端正なタッチで、 タッド・ダメロンがいかに素晴らしい作曲家であったかを 教えてくれます。 …

続きを読む

ウッドベース vs. エレクトリックベース

ジャズにはエレクトリックベースは似合わない?! いやいや、そんなことはないはず。 もちろん、低音に太くて暖かい温もりがあるウッドベースが奏でる4ビートに、 エレクトリックベースはかなわないかもしれませんが、 エレキベースにはエレキベースにしか出来ない表現がある! ということで、エレベならではの特性を活かした 2人のベーシスト、 スティーヴ・スワロウと…

続きを読む

リッチー・バイラークの『ヒューブリス』評

最初にリッチー・バイラークのこのピアノソロのアルバムを聴いたときは、 なんて甘い、 というか、ウインダムヒルの延長線上のピアノのように聞こえてしまいました。 しかし、今聞くと、 感想がちょっと違う。 スイートな美旋律の奥には けっこうビターな成分がある。 百戦錬磨の闘士でもあるバイラークのこと、 もちろん表面的には うっとりするほどの美し…

続きを読む

本当のリーダーはどっち?『キャッティン・ウィズ・コルトレーン・アンド・クイニシェット』

2人のテナーサックス奏者、 ジョン・コルトレーンと、 ポール・クイニシェットが共演した、 プレスティッジから出ている 『キャッティン・ウィズ・コルトレーン・アンド・クイニシェット』。 これについて語った動画をアップしています。 コルトレーン不参加の曲が2曲あり、 そのいっぽうで、 ポール・クイニシェットは全曲参加しているんですが、 …

続きを読む

ビル・フリゼールのエピストロフィ

へぇ~、今度はモンク! で、ビル・フリゼールのギターと、 モンクの楽曲、けっこう合うんですよ。 例のちょっとジム・ホールチックな響きかもしれないけれども、 やっぱりフリゼールテイストだよねっ!と思わせるハーモニーを 随所に鳴らしながら、 あの、モンクの図形的な妖し美くしな楽曲に、 躍動感となまめかしさを付加しているのです。 あ、モンクの曲といえば、…

続きを読む

エルモ・ホープがリーダーっぽくない『インフォーマル・ジャズ』

プレスティッジから出ている、 ピアニスト、エルモ・ホープがリーダーのアルバム 『インフォーマル・ジャズ』。 たしかにホープの曲が演奏されたりしているのですが、 なにしろ、フロントが、コルトレーンにモブレイという2テナーにくわえて、 ドナルド・バードというトランペッターも参加しているので、 どうしても、「ホープ色」が薄くなっている演奏なんですね。 とはいえ…

続きを読む

チェンバースが表紙の『Jazz Japan』vol.106

本日発売の『Jazz Japan』Vol.106。 やったね! ポール・チェンバースが表紙じゃないですか。 うれしきことこのうえなし。 やったねPC、 PC大好き、パソコンじゃないよ(アホ)。 それと、ディスコグラフィ付きのドナルド・バード特集も おいしい。 ジャズに関しては古色蒼然とした50~60年代アタマの私にとっては、 これくらいが丁度…

続きを読む

アート・ペッパーのアドリブに対するセロニアス・モンクのコメント

ひとくちにジャズマンといっても、 演奏に対しての姿勢は千差万別です。 トータルに音楽を見渡して演奏するタイプもいれば、 その場一瞬の自己表現に燃えるタイプもいます。 どちらが良い、悪いの問題ではなく、 我々リスナーからしてみれば、 素晴らしいアドリブが聴ければいいんですけどね。 その昔、『ダウンビート』という雑誌が、 ピアニスト、セロニアス・モンクに、 …

続きを読む

デクスター・ゴードンの未発表ライブ『サンフランシスコ'82』

タイトルどおり、 82年、サンフランシスコでのライヴ。 こんな音源も残されていたのね。 なにしろ、コルトレーンの難曲 《モーメンツ・ノーティス》が聴けるところが嬉しいですね。 コルトレーン風コードチェンジも、 デックス流に変化しているという。 悠々自適のレイドバック奏法。 どこまでもデックス。 貫禄たっぷり。 さすが! …

続きを読む

ハービー・ニコルス『ザ・プロフェティック・ハービー・ニコルス Vol.1』評

ピアニスト、ハービー・ニコルス。 ユニークなピアニスト、 セロニアス・モンクと並ぶ独特なピアノ……、 などと評されているわりには、 あまり聴かれていないような気がします。 たぶん、彼の「持ち味」をつかむのに時間がかかるからだと思います。 しかし、その「持ち味」が比較的つかみやすいアルバムもあります。 ハービー・ニコルスのファーストレコーディングです。 …

続きを読む