ドン・ウィルカーソンの『エルダー・ドン』レビュー

レイ・チャールズのバックバンドでの活躍でも有名な、 テナーサックス奏者、ドン・ウィルカーソンは、 1962~63年の間、 集中的にブルーノートにレコーディングをしています。 全部で3枚。 3枚ともギターにはグラント・グリーンが参加しているという。 『エルダー・ドン』  ↓ 『プリーチ・ブラザー』  ↓ 『シャウティン』 という順番ですね。 この3枚…

続きを読む

ウェイン・ショーターのナイト・ドリーマー解説

テナーサックス奏者、ウェイン・ショーターが ブルーノートに録音したリーダー作『ナイト・ドリーマー』。 このアルバムの聴き所を YouTubeにアップしました。 だいだいが、以前書いたレビューと同じ内容ではありますが……。 ▼こちら ナイト・ドリーマー/ウェイン・ショーター 「ショーターがどうもいまいちわからん!」という方には おすすめの…

続きを読む