メイティング・コール タッド・ダメロン

タッド・ダメロンのリーダー作、 『メイティング・コール』は、 編成が、コルトレーンのワンホーンカルテットゆえ、 1956年のコルトレーン、 つまりは、マイルスの「マラソンセッション」時の コルトレーンのプレイが好きな人にとっては、 たまらない内容といえるかもしれません。 このアルバムを紹介した動画を YouTubeにアップしました。 …

続きを読む